MENU

パリオリンピック交通規制 五輪特別運賃とおすすめアプリ

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYocoです。パリオリンピック期間中の現地の交通規制についてまとめています。また混雑などを事前に調べることができるアプリやサイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

上のイラストはパリ夏季オリンピックの公式ポスターです。

ニュアンスカラーもフランスらしい、のですが、宮崎駿さんの世界観にインスパイアされて描かれたものだということが話題になっています。

 

パリオリンピック交通規制 五輪特別運賃

2024年夏のパリオリンピックでは開催前から交通規制や閉鎖される駅があります。政府が公式に発表しており、交通規制による混雑が予想されています。

現地パリジャンは夏休み期間に入るとはいえ、仕事をする人も多いので出来るだけテレワークを推奨するアナウンスが出ているほどです。

普段から交通事情には不安が多いので大会前〜期間中は特に最新の注意が必要です。

 

パリオリンピック2024 日程

オリンピック: 2024年 7/26~8/11

パラリンピック:2024年 8/28-9/8

 

【メトロチケットの値上げ】期間中2倍!

五輪開催時期は、地下鉄などの交通機関の運賃が通常の2倍になります。

その代わりに通常よりも割安で購入できる1日乗り放題券が発売されます。

 

・ 1枚:4ユーロ(通常2.15)

・10枚回数券...32ユーロ(通常16.9)

 

【値上げ期間】2024年7/20-9/8

 

オリンピック特別運賃 Pass Paris 2024

パス パリ2024という名前のチケットがオリンピック専用一日券です。

1日16ユーロ(Zone1-5)です。

通常時の一日券(Zone1-5)は20.60ユーロなので、少しお得に購入することができます。

 

公式サイト(英語あり)

 

▶︎ICカード Navigoの使い分けや各種チケットの詳しい情報はこちらからどうぞ。

www.parisimpleco.life

 

 

パリ五輪開催中の交通規制・混雑予想・アプリ

 

オリンピック・パラリンピック・聖火の開催日時によって混み具合がわかる「混雑マップ」を政府が発表しています。

フランス語サイトですが、入力自体は難しくありません。

日時、利用路線/駅とオリンピック、パラリンピックを選択すると駅ごとの混雑状況がわかります。

競技の前後はかなり混み合うことが一目でわかるので事前に計画を立てながら行動することができます。

 

・赤:避けるべき

・オレンジ:かなり混雑

・黄色:混雑

・緑:通常通り

・白:影響なし

フランス政府公式サイト La carte intaractive impactsのサイトへ繋がります

 

左上のTransport publicをRoutesに替えると、道路事情も調べることができます。

競技の日時によって、かなり状況が変わるので、事前にある程度確認しておくことをお勧めします。

 

閉鎖、影響のある地下鉄駅と路線

▷閉鎖が決まっているメトロの駅:

Tuileries(チュイルリー), Concorde(コンコルド), Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼクレモンソー), Porte-d’Issy, Colette-Besson et Porte-de-Versailles

 

▷影響を受けると言われている路線

Métro : lignes 5, 6, 7, 8, 9, 10, 12, 13 et 14

Tramway : T3a et T3b 

RER : lignes B, C et D

Transilien : lignes J (branche Argenteuil), L (direction Versailles Rive Droite), N, P (direction Meaux) et U

 

追記:【QRコードが必要!】期間中の入場制限エリア

オリンピック開催の1週間前(7/19ごろ)からパリ中心部に入場禁止エリアが設けられます。

通過時には指定のQRコードを通過証として所持する必要があります。

登録には審査があり、その後QRコードを取得することができます。

 

エリア内は観光客、住人、仕事で出入りする場合にもパスが必要です。

パス取得のサイトは5/10ごろから開始されます。

 

 

制限エリアは下記の地図でSilt(シルト)と言われるグレー部分(ルーブル美術館・エッフェル塔・トロカデロ・凱旋門エリア)

情報は随時追記していきますね。

 

 

在住者も使う交通APP 英語版あり

Google Mapもいいのですが、交通機関を使う場合のパリ近郊での交通アプリはCitymapperがおすすめです。

パリに限らず、世界中の大都市で使うことができるものです。

パリは交通トラブルは日頃からかなり頻繁に起きるので、在住者の私も手放せないアプリです。

 

トラブルやストライキなどがあると、リアルタイムで情報が更新され、代替えのルートを示してくれます。

 

iPhone用↓

Citymapper

Citymapper

  • Citymapper Limited
  • Navigation
  • Gratuit

apps.apple.com

Android用↓

play.google.com

 

パリ市内のWi-Fi状況

交通事情などをリアルタイムで知るには、Wi-fiが手放せないという人も多いと思います。

パリ市内の状況で言うと、ホテル・空港・デパートなどの施設では施設の無料Wi-Fiを使うことができます。

しかし、それ以外の街中ではほとんどフリーWiFiには期待できない状況です。

 

穴場で言うと、市内中心地の公園にはWi-fiが使える時があります!(全てではない)

他にもマクドナルド、スターバックスを利用すれば使うことができますが、都度足を止めたり設定し直さないといけません。無料Wifiはセキュリティ上のリスクがないとは言えません。メトロ(地下鉄)ではWi-fiが入りません。

 

特に、オリンピック期間中はイレギュラーも増えることが予想されるので出発前にWi-Fiルーターを持参することをお勧めします。

受け取りは空港や自宅で準備することで無駄な時間を削減することができます。

 

▶︎パリ滞在で気をつけたいこともぜひご確認ください

 

www.parisimpleco.life

 

▶︎パリ近郊に住んでいる4歳〜9歳の子供たちは一年分の定期が24ユーロ!

www.parisimpleco.life

 

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

www.parisimpleco.life

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー