パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

フランス生活、家族のことなどを綴っています。

元社員が教える秘訣。ビジネスクラス無償アップグレードに選ばれるには

ついに10連休が始まった!という方も多いのではないでしょうか。


思う存分に満喫してくださいね!


この時期、旅行に出かけられる方も多いですよね。

飛行機をエコノミークラスで予約したらビジネスクラスにアップグレードされてた!(しかも無料で!)
としたら最高ですよね。


実はゴールデンウィークなど繁忙な時期はその可能性は高くなります!



•エコノミークラスからビジネスクラスに無償アップグレードされる秘訣
•航空会社スタッフがビジネスクラスにアップグレードをするのはこんなお客様


日系航空会社に勤めていた私がビジネスクラスへのアップグレードの可能性を高めるポイントをいくつかお伝えしますね!


エコノミークラスからビジネスクラスへの無償アップグレードとは?

エコノミークラスで予約したのに当日飛行機に乗る直前に『お客様のお席をアップグレードさせて頂きました』という話が…あるんです。


これは航空会社の「都合」により、本来エコノミークラスで搭乗予定の方を勝手にアップグレードしてしまい、もちろんお客様には何の非もないので無償でビジネスクラスのサービスが提供されます。

無償アップグレートが起こる理由

その「都合」というのは主にエコノミークラスのオーバーブッキング。
特に予約率の高いゴールデンウィークやお盆、お正月は航空会社にとっての書き入れ時です。

飛行機の座席数に対して販売する座席数を上乗せする為に起こります。

予約キャンセルを見込んで(これが結構綿密に計算されています)敢えて多く販売しますが、例えば300席に対して305席売れて、かつどなたもキャンセルしなかったらやはり5席分はオーバーブッキングが起こります。

5人の方は予約済み(支払済みの方もほとんど)ですが、当日飛行機に乗れないのは困りますよね?

そこで、航空会社はビジネスクラスに空きがある場合にエコノミークラスで予約済みのお客様を無償でアップグレードする場合があります。

ビジネスクラスに無償アップグレードされたら


もちろん、ビジネスクラスに搭乗することができます!


無償アップグレードへの案内は搭乗直前にお客様が知らされることが多いです。

なぜなら、予約済みのエコノミークラスのお客様全員の搭乗手続きをしているからです。

日本国内線なら出発15分前(購入は20分前)、国際線は約一時間前にチェックイン締め切りとなります。
それまでに手続きされなかった方がいれば予約数に収まる(満席になる)ためです。
ただ、連休中はキャンセルする方が少ない為オーバーブッキングが早い段階で発生しやすいのです。

晴れて、無償アップグレードを受けられた方、ラッキーですね!



お客様にアップグレードを伝えると…【実話】

当時私が担当したお客様にゲートでアップグレードのご案内をした際「いや、何かの間違いじゃないですか?!僕がビジネスなんて!」とびっくりされてしまいました。

勝手に手続きしたことをお詫びして理由を説明しつつ、せっかくですからぜひ楽しんで下さい!とお伝えしたところ「それならぜひ楽しんで来ます!」と嬉しそうに旅立たれたお客様を思い出します。

とっても物腰の柔らかい謙虚な方でした。

突然の案内に初めは驚かれる方も多いのですが、もし同じチャンスがあった方はぜひ愉しんで下さいね!

ビジネスクラスにアップグレードされると受けられるサービス、受けられないサービス

【受けられるサービス】
ビジネスクラスの座席を利用できる



【受けられないサービス】
ビジネスクラスの食事
•手荷物優先タグ(プライオリティタグ)
ビジネスクラス分のマイレージ

食事は事前の予約数で用意されれている為、基本的にはビジネスクラスの食事は用意されません。
飲み物や有料の機内食ビジネスクラスで提供されるものも利用出来る場合があります。
機内の客室乗務員は航空会社がアップグレードしたことを把握しています。

手荷物優先タグはビジネスクラスに乗るお客様へのサービスで預けたスーツケースを優先的に返却できるようタグがつけられます。マイレージサービスのゴールド会員以外の方は付かないのでご注意を。
また、マイレージも通常ビジネスクラスに乗られると割増でポイントが付きますが、無償アップグレードにつき、元々のエコノミークラス分のみ貯まります。

無償アップグレードは誰が対象?

航空会社からお願いされて、無償でアップグレードされるならぜひ選ばれたいですよね。

一体どんな方が対象で、いつ選ばれるのでしょうか?

【対象】
•個人旅行のお客様
(添乗員のいる団体旅行だと残念ながら選ばれる可能性はほぼ無いです)
ビジネスクラスに相応しい雰囲気のお客様

【いつ】
チェックイン時(チェックイン後)

元航空会社社員が教える、アップグレード対象になる秘訣

チェックイン時、スタッフは一体何を元に判断するのでしょう?
いくつかポイントがあります。

可能性が高い順に書きます。



•航空会社(加盟アライアンス)の上級会員である
•航空券運賃が正規運賃(Y)である
•1人(または2人)で搭乗する
•早めにチェックインした
•ビーチサンダル、ハーフパンツなどの軽装ではない


ポイントを挙げますとこのような感じです。
詳しく見ていきましょう。



マイレージ上級会員】
やはりマイレージ上級会員の方は最優先と言っても良いでしょう。
その航空会社にとってお得意様ですから日頃の感謝を込めてまず選ばれます。
何度も選ばれている方も多いです。

【正規運賃】
ビジネス路線だと上級会員の方も多くなります。限られた座席に全ての方はアップグレード出来ない為、さらに運賃が高い方を優先します。正規運賃(割引でない運賃)だとエコノミークラスでもかなり高額ですから当然ですね。

【1人または2人で旅行】
限られたビジネスクラスの席なので、1人または2人連れの方が優先されやすいです。残念ながら、ご家族5人をアップグレード対象にすることはほぼないでしょう。

★全員に当てはまる重要なポイント【早めチェックイン、服装】
残り2つは乗客全ての方に共通し、実はかなり重要なポイントです。

航空会社スタッフはチェックイン時に手続きをしながらいくつか同時にやっていることがあります。
アップグレードに関して言えば「ビジネスクラスに相応しい雰囲気であるかどうか」を見ています。

結局見た目で判断するなんて、感じが悪い!と思われる方もいらっしゃると思います。




では、あなたがビジネスクラス料金を払っているお客様だとしたら?

ビジネスクラスはサービス(座席、設備、食事)がワンランク上であり、その分エコノミークラスよりも高額な料金をお客様が支払っています。
航空会社が敢えて選んだお客様そぐわない雰囲気だと残念な気持ちになる方もいますね。

と言っても、ホノルル便などリゾート路線は乗客の皆さんがカジュアルな服装であることが多いですよね。
襟付きのシャツであれば十分です。

露出の多い服装、ダメージジーンズ、ビーチサンダルは「そぐわない雰囲気」と捉えられることがあります。

航空会社が嫌がる、というよりは他のビジネスクラス利用旅客のことを考慮してそう判断することが多いのです。


チェックイン時のお客様との会話、あまりに軽装ではないかを確認してアップグレード対象として問題ない場合にチェックインの責任者に推薦します。

責任者は残席数を管理しつつ、アップグレードが必要な場合に備え準備しています。

つまり、締切ギリギリにチェックインだとそのリストにも入らない可能性がありますので早めのチェックインが必要なのです!


オーバーブッキングで座席調整している場合は、チェックイン締切間際のお客様の座席はほぼ選択の余地がありません。

混み合う時期は早めに空港に到着しチェックインを済ませるのが大切なのは実はアップグレード対象にとっても重要なことだったのですね!


まとめ

無償アップグレードに関してまとめました!
連休を利用して旅行される方は、もしかしたらチャンスがあるかもしれませんね。


•早めチェックイン
•軽装過ぎない装い
(ビーチサンダルなどは避ける)
•チェックインスタッフと楽しく会話しておく←




それでは、本日もお読み頂きありがとうございました!

連休の方もそうでない方もステキな1日を。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ