MENU

【フランス家庭料理】簡単で定番の作り置きメニュー

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYocoです。今日はフランスでよく食べられている家庭料理、作り置きにも便利な一品をみなさんと共有したいと思います。

幼稚園児の子供もいる我が家では和食とヨーロッパっぽい食事もそれぞれ食べています。

毎日の食事は、メニューを決めるのも大変だけど、バリエーションや新鮮さも欲しい!という永遠の課題の手助けになれば幸いです。

 

・子供もよく食べる

・出来るだけプラントベース

・出来るだけ環境配慮

ということにも心がけて作っています〜!

 

【フランス家庭料理】簡単・作り置きメニュー(ミールプレップ)

フランスの家庭料理というとなんだかとてもお洒落なものが出てきそうですが、共働きも多い環境だと特に平日はパパッと作れる質素なものだったりします。

例えばパスタにベーコン、クリームやチーズで和えただけ。みたいなものだけだったり、夜ご飯にスープのみ!ってこともあります。これが現実!

 

日本は割と栄養、彩り、バリエーションなど考えて作らないと!という考えがありますよねぇ。

先ほどのフランスの家庭の良い面を言うと、割り切ってシンプルな食事に全振りすることで、ストレス軽減になるのなら良いなと。

負担にならないように程よいバランスで行きたいですね。

子供がおやつ食べ過ぎたら、夕食は食べさせないとかもよくあるけど、私は全然理解できない・・・

 

たまには息抜きも必要ですが、子供もいるし美味しいものを作って食べたい!

フランス人の食事形式はご存知の通り、前菜・メイン・デザートという流れがありますね。我が家でもリピートしまくっている品をご紹介していこうと思います。

 

フランスの家庭料理はシンプルで簡単に作れるものも多いです。

オーブンに頼ったり、煮込んでいる最中は放っておけるものも多いので複数作業することができると良いですよね。

あの定番が入ってないな?みたいなものは夫があまり好きじゃなくて全然作らないものとかだったりしますw

 

 

【前菜・つけ合わせ】

ラペ・スープ

キャロットラペ その他野菜のラペ...にんじんは定番で子供も大好き。コールラビも美味しい。

ヴルーテ(ポタージュ)...ぽってっりしたポタージュは秋冬の定番です。にんじん/ブロッコリー/

にんじんとココナツミルクのスープが一番好き。何の野菜でも美味しくできる! 

オニオングラタンスープ...たっぷりの玉ねぎをぐつぐつ煮込んでチーズをかける。バゲットと一緒に。玉ねぎと知らずに子供もよく食べます!

 

ボリュームある卵料理

きのこオムレツ

キッシュ

 

サラダのバリエーション

ニース風サラダ

ライスサラダ...夏には残ったご飯にたっぷり野菜を入れてメイン料理としても食べられます。オリーブなどを入れても美味しい!

・フルーツとチーズを使ったサラダ... 柿×ロックフォール / 桃×モッツアレラなど

 

ひよこ豆


アペロにもよく、栄養価も高いひよこ豆は必ず家にストックがあるほどよく食べます。

一番多いのはこの二つかな。

・ひよこ豆ロースト

・フムス

 

【メイン】

我が家はお肉の消費を減らしつつあるので、

野菜のメイン料理

ラタトィユ...夏の定番メニュー!子供はなかなか食べないのでミキサーにかけてトマトソースパスタ風にしてます。

ニョッキ...我が家はバター醤油×生クリームに野菜かきのこのソースで食べることが多い。フランス人はニョッキに少し焦げ目をつけるのが主流でイタリア人は激おこらしいw

煮込み

レンズ豆煮込み

マッシュルームのボーギニョン

ポトフ

魚介系料理

ムールフリット(ムール貝とフライドポテト)

サーモンクリームパスタ

 

鶏料理

プレロティ(チキン丸焼き)...週末の定番!

 

【デザート・おやつ】

タルトオーポム 季節のタルト

ムースオーショコラ

塩バターキャラメルポップコーン (塩バタキャラメルはフランスっぽいということで)

ラフランスとチョコレートのケーキ

クレープ

 

 

▶︎煮込みにはフランスの琺瑯鍋が最適だよね!ご飯もSaubで炊いてるよ

www.parisimpleco.life

 

フランスで子育て 毎日の食事メニュー

我が家は日本食もよく作っていますが、フランスでよく食べられている家庭料理もよく作ります。ラペなどは冷蔵庫にあると安心だし、美味しいから子供のよく食べます。

そう、子供がよく食べるメニューはやっぱりよく登場しますよねぇ。

他にも意識していることは、牛肉や乳製品の消費を出来るだけ減らしていくことと加工食品はレパートリーに入れないということ。

 

●子供が野菜をしっかり食べられるレシピ

●牛肉消費を減らす、牛肉なしで美味しく食べられるレシピ

●加工肉は出来るだけ使わないレシピ

 

【環境配慮】消費減らしているので食べる機会が減ってきた家庭料理

我が家はここ2年くらいで牛肉や乳製品の消費を減らしつつあって、現在は牛肉に関しては月に1度買う程度です。

買う時はお肉屋さんで挽肉を買ってハンバーグかステーキというのが一番多いかな。と言ってもそんなにかっちりルール化しているわけではないのでたまに美味しく食べるか牛肉じゃなくても美味しく食べられるものを選ぶようにしています。

 

一方で、乳製品フランスに住んでいると、バターや生クリーム、チーズなど美味しい乳製品に溢れているし身近すぎるので全く使わないというのはかなりハードルが高いので、できる時だけ、植物性ミルクやクリームに替えています。

 

加工肉についてはこの1年間でほとんど買わず数えるほどしか食べない食生活を試してみて、問題なさそうなので(手軽で美味しいけどね)このまま続けようと思います。

お呼ばれやお店、たまに機会があればいただいています。

 

▷ここでも触れていますが、食生活を変えていくと家族で大きな変化があったと感じます!Note: 3人家族が風邪をひかなくなった理由を考えてみる|Yoco🇫🇷で生きる術

牛肉

・ブフ・ボーギニョン(牛肉の煮込み)

・アシェ パルマンティエール

・ステーキ・フリット

 

加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン)

・クロックムッシュー

・ソーセージ(焼き・煮込み)

・ベーコンが入ったパスタ・キッシュ

 

これらを使わずにお肉をお豆や野菜に替えられる美味しく食べられる方法をいろいろ試しています。

ボーギニョンはお肉なしで大きめにカットしたマッシュルームにして作ったら、夫もかなり気に入っていた!マッシュルームがジューシー!

 

▶︎【おすすめレシピ】プラントベース料理はYouTubeやインスタで見た美味しそうなものを試しています。

www.parisimpleco.life

 

⚠︎家庭料理?! 定番とは言わないフランス家庭料理

エスカルゴ・フォアグラ・ブイヤベースがフランスの家庭料理って調べるとたくさん出てきたのですが、【普段食べるもの・家庭で日常的に食べるもの】ではない気がする...。

レストランでは食べられるし、フォアグラはクリスマス時期や特別な食事会という印象。ブイヤベースを食べたことあるひとの方が少ないんじゃないかと思う。

 

 

フランスの野菜はとても美味しいし、マルシェに行くようになると旬の野菜が並んでいるので季節感を意識できるようにだんだんなってきました!

 

みなさんに少しでも参考になれば幸いです。

 

▶︎とにかく食事を作りたくない日もどうにか作るのよ・・

常備品と手抜きメニューを駆使しながら

www.parisimpleco.life

 

 

www.parisimpleco.life

 

 

www.parisimpleco.life

www.parisimpleco.life

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー