ガレットデロワはいつ食べる?フランスの新年運試し

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。今日はフランスのガレットデロワのお話です。

ガレットデロワとはフランスのマジパンクリーム(アーモンド)の入ったパイです。

王様のガレットという意味のガレットデロワには、中に一つフェーブが入っているので大勢で分けて頂くのがおすすめです。

フェーブを誰が当てられるかという運試しをするという楽しみ方もあります。

何より美味しいの・・!

ガレットデロワはいつ食べるかというと、厳密にはエピファニーの日に食べるのが伝統です!と言っても、フランスだと一月中は色々なお店で見つけることができて、何度食べたか競い合うレベルでたくさん食べられています。

近所のパン屋さん、有名パティスリーなどで購入することができます。

 

ガレットデロワはいつ食べる?フランスの新年の運試し

フランスの盛大なクリスマスが終わって、年越しはささっとパーティをしたら、日本では七草粥を食べよう(胃腸を整えよう)という頃にフランスではガレットを食べます!w

 

フランスには美味しいものが溢れていますが、個人的にはその中でも上位に入るほど美味しいのがガレットデロワです!!

唯一の欠点はカロリー爆弾であることです。

クリスマス以降、胃が落ち着かないフランスの年末年始ですね。

 

ガレットデロワは1/6のエピファニーの日にガレットデロワを食べるのが伝統です。

一般的には美味しいガレットを食べる日だなぁという程度の認識ですが、キリスト教では大事な意味のある日なのです。

 

ガレットデロワを食べる日とその理由

ガレットを食べる日をエピファニーと言います。公現祭とも言う。

エピファニーとは

カトリック教会の祭日の一。 キリストの栄光がに世に現れた三大事跡(降誕の際の東方の三博士による礼拝、受洗、カナにおける最初の奇跡)のうち、三博士の礼拝を記念して1月6日(またはその後の最初の日曜日)に祝う。

 

伝統的な理由はありますが、子供たちからすればエピファニーは美味しいガレットデロワを食べる日です。(私もそう思っている一人w)

パン屋さんやパティスリーなどあらゆる場所でアーモンドのガレットが並びます。

フェーブという陶器の飾りが自分のガレットに入っていたら王様/女王様になれるという運試しが楽しい日です。王/女王様になったら願い事を言えるらしい。

 

1/6にガレットを家族やお友達と分けて食べますが、例年一月中は何度もいろんなガレットを楽しみます。この時期のお持たせにはぴったりなんです。

最近はスーパーなどでほぼ1年中売っていたりしますが、一応一月のお楽しみではある。

スーパーでも手軽に購入できますが、美味しさ重視ならパン屋さんやパティスリーが断然おすすめ。

スーパーで買えるガレットの良さは手軽さと子供受けするキャラクターのフェーブが入っていることが多い!これまでにポケモン、バットマン、ソニックなどを見つけましたよ。

 

ガレットを美味しく食べる方法

ガレットを美味しく食べるコツがあります。

・大勢で分けて食べること

・食べすぎないこと⚠︎

・時間が経過しているときはオーブンで少し温めて食べること

 

美味しいのでたくさん食べたいのですが、カロリー高めで意外と食べたら重いので、食べすぎない方が良いw

購入してから時間が経過しているときはオーブンで温め直すとパイ生地がサクサクに復活して一層美味しい・・!

 

食べる際は誰かにフェーブが渡るので、一緒に食べる人の中で「一番年下の人」が机の下に入って、切り分けたパイを誰に渡すかを決めることができます。

「これ誰のー?」

「パパー」みたいな感じ。

切り分けているときにフェーブがチラッと見えたり、カチッと当たることもあたっちゃうこともよくあるアクシデントです!w

 

子供が複数いるときのフェーブ事情

今年のエピファニー翌日の日曜日は義実家で食事をしたので、クラッシックなガレットとりんごのガレットを2つ持って行きました。

クラッシックな方はお店で買ったもの、りんごの方は手作りしました。(アップルパイということ)

 

というのも夫がマジパンが苦手で食べられないから、しゃあなしで作りました。

私はクラッシックな方が好き!

 

ところで、今回は甥姪も一緒いて子供が3人!フェーブ問題が浮上!

ガレットは二つあるのでそれぞれフェーブを入れてありましたが、子供は3人いるので、念の為3つ目のフェーブを私が隠し持っていました。

 

ガレットを切り分ける義母は絶妙にフェーブを見つけがちでw、他の大人たちと協力して私の息子・甥・姪に3つ入れました。

子供たちみんなフェーブを見つけて喜んでくれていたので、揉めることもなく過ごせました。

姪っ子は自分のガレットを食べていたら硬いものに当たっていやな顔していましたがwフェーブを取り出したらやっぱり喜んでいた!

 

エピファニー当日は自宅で3人で食べたので、昨年は息子に当たるように仕組みましたが、今年はあえて細工なしでトライしてみました。

6つに切り分けて、3人で食べましたがフェーブにあたったのは夫!

 

私と夫は早い段階で気がついていたのですが、息子は自分にフェーブがあるはず!と必死にフェーブを探してパイを上から押しまくるw

自分には入ってなくて、ちょっと落ち込んでいましたがたまにはこういう現実もありかなと。w

フェーブが可愛いキャラクターとかではなかったので、息子も多分ショックはそこまでなかったのかも。

 

2月にはクレープの日もあって、美味しいものw食べる日が続いているフランスです。

 

www.parisimpleco.life

www.parisimpleco.life

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

- インスタグラムこちら

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 

 

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー