パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

フランス生活、家族のことなどを綴っています。

【パリママ情報】フランスでプチバトーの人気アイテムを安く買える場所

スポンサーリンク

今日は人気子供服ブランド、プチバトーのお話しです。
Petit bateau (プチバトー)はフランス現地のパリのママ達にも定評がありますよ!

特にあるアイテムは絶対プチバトーが良いよと以前の職場の上司からアドバイスをもらい、息子が新生児の頃から毎シーズン愛用しています。

•フランス先輩ママのおすすめは赤ちゃんに必須のあのアイテム
•ブティックよりもお安いのはあの場所!
プチバトーで1年着られるアイテムとは

プチバトーはフランスでも定評あり

フランスの子供服ブランドプチバトーは日本の百貨店などでも購入できる高級ブランド。シンプルなマリンテイストが大変人気ですね。
現地フランスでもパリを始め、国内にたくさんのブティックがある人気ブランドで、実際に定評もあります。

プチバトーが人気!の秘密

創業1893年!100年以上信頼と実績があるプチバトーはここが魅力。
• シンプルなマリンスタイルでフランスらしい飽きのこないデザイン
•赤ちゃんから大人(男性用もあり)みんなが楽しめるブランド
•良質な赤ちゃんグッズが一式揃えられる(新生児の肌着やお包み、ドゥドゥ(ぬいぐるみ)など)お祝いの贈り物にも最適!

プチバトーのウェブサイトでも特に自信を持って紹介されているのはやはり「品質」。
確かにとても生地が柔らかで心地よいのがプチバトーの特徴です。

新生児用の服は、赤ちゃんの敏感な肌が擦れないよう、フラットシーム(平らな縫い目)を使用しているので、赤ちゃんも快適です。

中でも、フランスのママ達からもお墨付きのアイテムは赤ちゃんの必須アイテムである、これです。



赤ちゃんの肌着(ロンパース)!!!


特に人気なアイテムというのは肌着です。
フランスではボディと言っています。
ベビー服ブランドは沢山ありますが、その中でもプチバトーが良い理由があります。

【出産準備】プチバトーをフランスのママがおすすめする理由(実話)

実際に私の妊娠中に上司がベビー用品に関するアドバイスをくれたうちの一つが「プチバトーのボディ」でした。
プチバトーはもちろん知っていましたが、フランス人からの評価もあるとわかり出産準備中の私はとても安心出来ました。
ベビー服は色々な場所で買えますが、私がその後プチバトーに直行したのは言うまでもありません。笑

<ママ達がプチバトーのボディを選ぶわけ>
•汚れに強い!(うんち汚れなども落ちやすい)冒頭からすみません、でも大事!
•肌着の素材が柔らかくて気持ちいい。着脱しやすい!
•何度洗っても、首元がダラリとならない。
•デザインがシンプルで可愛い

肌着だからこそ品質は大切だったりしますよね。
プチバトーの肌着は肌触りがいい
着替えも多い赤ちゃんはある程度の替えの枚数も必要ですし、着脱の度に首や袖を通すのがストレスフリーです。この柔らかい生地がとても役立っています。
子供のご機嫌によっては着替えたくない!!と暴れて苦戦することもあると思うのですが、他のメーカーよりも「柔らかさ」と「伸縮性」が優れているので完全にリピーター。柔らかいのですが、他のメーカーを時々買うと気になる首元がダラリとなってくるのもプチバトーだと感じません。個人的にそう行った点も含めて好きなので毎シーズン購入しています。

これは余談ですが、プチバトーの肌着はピタッと体に合うサイズを着るのがおすすめ。甥っ子のプレゼントしたことがあったのですが、ママである私の妹から「サイズが小さかったのかピチピチなんだけど笑」と言われましたが、それが正解です!笑
確かに体のラインも細めに作られていますが、生地が柔らかいので窮屈さもなさそう。上に着る服がかさばったりしません。

by カエレバ


フランスではプチバトーは日本ほど高級ブランドの括りではないですが、出来ればお安く買いたい。
肌着は替えがいくつも必要ですし、およそ3カ月毎にサイズアップの為に買い替えになりますよね。


セール以外でもプチバトーが安く買える場所(アウトレットじゃないよ)


ボディ(肌着)がメインになりますが、プチバトーの直営店よりもお安く、品質はそのまま購入できる場所があります。

それはスーパーです!

Monoprix(モノプリ)、Auchan(オーシャン(郊外に多い))など
の赤ちゃんグッズコーナーに行くとシレッと置いてあります!
しかも、直営店よりも若干お安い。
でも本物のプチバトーなのですよ。


こちらはプチバトーフランスの公式ウェブサイトで見たものです。
★男の子用ボディの3ヶ月〜36ヶ月は3枚セットで€20.90(約¥2,600)です。
新生児、女の子用も値段は同じでした。

一方、モノプリで見つけたプチバトーのボディは3枚で15€!
若干ではありますが確かにお安い。
€14〜€16ですから約¥1860。


1枚あたり最大200円の差が出てきますね。
赤ちゃんの成長に合わせて3ヶ月毎には更新すると、意外と節約になりますね

お安くて品質も同じならありがたいことです!
肌着らしい真っ白もありました。無地だとさらにお安い。(€13〜14)
デザインはそこまでこだわらないと言う方はこちらもありですね!

プチバトーのセールを活用

ウェブサイトのオフィシャルブログのページではセールが行われている時期のお知らせが入りますよ。時々チェックしておきましょう。
会員の方にはメールでもお知らせが届きます。
blog.petit-bateau.co.jp

フランスのセール時期(ソルド)いつだか知っていますか?2019−2020

さらにフランスのセール時期知っておくと便利です。
多くのお店が下記の時期でセールを行うので半額から70%オフまでかなりお得になる時期。特に服と靴は必見!
もちろんプチバトーをはじめとする子供服ブランドもセール対象です。
2019年度は下記の時期にてセールが行われます。

夏: 6/26(水)〜8/6(火) 【2019年】 →済み
冬: 1/8(水)〜2/18(火) 【2020年】

旅行の予定に組み込むのもありです!
長いセール期間ですが開始日と後半(セール開始から1ヶ月後辺り)からが特に要チェックです。
2週目からは60〜70%オフになるお店も多いのです。
ここまで待っていると狙っていたものがなくなっている、ということも多いので見極めが難しいのですが・・。笑
毎回セールは水曜から始まるのですが、ママ達が水曜日をお休みにしている方も多いからです!中学生までの子供達も学校の授業がお休み(午後だけお休み)だったりするので、お買い物日なんです。
2020年夏はまだ正確な時期が発表されていませんが、6月24日水曜日がおそらく初日となります。

プチバトーの1年中使える定番アイテムとは?

プチバトーと言えばシンプルなマリンルックが有名ですね。
子供も大人も着られる定番だけど、上質なところが人気です。
フランス人も実際に良く着ているアイテムはやはりこれ。

ヨットパーカーです。

雨の日はもちろん寒い日にも着られるので『一年中着られるアイテム』と言われています。
パリはまさに寒い時期も長く、雨も多いのでまさにピッタリなのですよね…!
フランスの大人達も良く着ているのを見かけますが子供が着ているところ、本当にかわいいですよね。

子供は成長過程のサイズアップが必要ですが、大人は本当に真夏以外のシーズン着られてかなりコストパフォーマンスが高いですね。
公園など子供達と出かける際にも雨や汚れなどに強いから助かります。

事実、フランス北西のノルマンディの地元の方達はこのヨットパーカーでカジュアルなマリンルックをされていましたよ。イメージ通り!!
(せっかく海に行ったのですが、雨が降りそうな曇天だったのでこの装いの方が多かったです)
フランス語ではこのヨットパーカーのことをciréと言います。

プチバトーではカラーバリエーションも多いので男の子、女の子ともそれぞれ好みのカラーを選べます。丈が長めなので、大きくなってもサイズアウトした感じにならないのもありがたい!笑
親子コーデも可愛いんだなぁ。




by カエレバ

▼実は北ヨーロッパの色々な国でヨットパーカーが着られていますよ。
デザイン性も様々です。おすすめを国ごとのブランドと一緒にまとめてみました。
www.parisimpleco.life


さいごに

出産を控えるご家族にも自分用にも使えるプチバトー。
歴史があるブランドには愛されるわけがありましたね。
シンプルな定番アイテムは長く着られるのも嬉しいですよね。

本日もお読み頂きありがとうございました!

▼ こんな記事も書いています。
www.parisimpleco.life
www.parisimpleco.life



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー