MENU

【数字好き幼児】Numberblocks ナンバーブロックス観てたら数字も英語も覚えてた

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。今日は数字好きな幼児さんが得意を活かせるアニメ、ナンバーブロックス(Numberblocks)のお話しです。

 

私の息子は現在5歳半で3~4歳くらいから「数字に興味津々な時期」がやってきて、好きな数字を楽しく活かせるものはないかな〜?という時に、ママ友からお薦めしてもらったイギリス発のアニメ「ナンバーブロックス」にハマりました。

 

で!アニメを通じて、ものすごいスピードで数字に関する多くのことを覚え始めました。たしざん・かけざんの概念大きな数の単位(100万とか)まで口にしていてもはや、小学生でも十分勉強になりそうなレベルです。

アニメ自体は3〜5歳前後の幼稚園児向け対象な雰囲気なのですが、ポップなキャラクターが数字の歌を歌いながら、子供が学んでいけるようです。

 

息子はハマり過ぎて四六時中、数字のことを話しています。おしゃべりが止まらないのでそれはそれで困るw

 

親としては興味や得意を活かしてあげたいといつでも思いますよね。

 

【数字好き幼児】Numberblocks ナンバーブロックス観てたら数字も英語も覚えてた

数字に関心が出てきた子供たちにぴったりなアニメをママ友から教えてもらい、我が家でもナンバーブロックスというアニメを見始めました。

ナンバーブロックス (Number Blocks)はイギリスのBBCが運営する幼児向けチャンネルで放送されるアニメです。Eテレのようなことですね!

アニメは世界的に広く知られていて、日本からはYouTube公式チャンネル(英語のみ)やNetflix※でも観ることができます。

※日本のネットフリックスではあいにく放送がないのですが、アメリカ・カナダなどの英語圏・インド・フランスなどでは放送があります。VPNを利用できる方はぜひ!

 

子供たちにはアニメの中で歌いながら、数字やさんすうの概念をどんどん学んでいくことができます。

子供たちは勉強という概念はないかもしれませんがアニメを観て楽しんでいる間に親が驚くほど色々なことを学んでいます。

 

▶︎YouTube公式チャンネルより(英語のみ)

 

5歳児が足し算・掛け算を習得!

息子がはじめにナンバーブロックスを観始めた時は3か4歳くらいで、数字のブロックのキャラクターが次々に出てくるのを楽しそうに観ていました。

息子の中で再ブームが来てここ最近は自分が知っていた数字と新しく覚えていくことがリンクして3,4歳の頃よりも内容を理解し始めた感じがありました!

というのも、初めはアニメを観ているだけと思っていましたが、気がつくと足し算を覚え始めるようになりました。つい先日はかけ算の概念までわかり始めていて、驚き。

1~2ヶ月前までは指で数えて足し算していたのに暗算に変わっているしいつの間にかレベルアップしている!!

【たしざん】

1と2のキャラクターが合わさって3のキャラクターが出てきて、どんどん大きな数字を覚えられるようになってきました。回を追うごとに登場する数も大きくなるし、レベルアップしていっているようでした。

段々と、2+3=5などと一桁のたしざんを暗算で言えるようになってきました。

前は指を使って数えていましたが、つい先日は12+4=16などの二桁を含む足し算も暗算でやっていて!びっくり。

 

【大きな数の位】

千, 万など大きな数もアニメでしれっと学んでいて、隙さえあれば「100万〜!」「無限〜」と叫んでいますw

家では特に教えたわけではないので、気づいたら覚えていて面白いなぁと。

 

【かけ算の概念】

「4が4回で16!」などのかけ算の概念まで覚え始めました。

ナンバーブロックスは四角いキャラクターがくっついたり離れたりしているので、ビジュアル的にもわかりやすいのかな。

 

息子がアニメにハマり過ぎて私は歌が頭から離れないのですが、内容は食事を作りながらなのでサラリとしか観ていませんでしたが、つい1ヶ月前は一桁のたしざんしていた息子が今は14+14=?と自分でw問題を出して答えています。w

4歳くらいでは純粋にアニメだけを楽しんでいましたが、ここ最近の再ブームでは内容が理解できてきている感じです。

数字好きすぎて...困ってます

朝起きたら頭に浮かぶ?足し算をしたり、幼稚園への道中で私は問題を出されたり、夕食時は食事が進まないで「25+5はなんでしょう、パパ?」みたいな問題を出して安易に答えた夫が次々問題を出されて「食べなさーい!!」とキレるみたいな状況が続いていますwおしゃべりも止まらないので大変です。

付き合ってあげたいけど、先にご飯食べてくれ...

 

ちゃっかり英語教育!

ナンバーブロックスの公式YouTubeでは英語のみですが、お子さんが観ていて違和感を持たなければそのまま楽しんでもらうことで、英語を習得できる可能性もあるかも!

少なくとも数字を見聞きする訓練として、楽しみながら習得するのにはかなり効果的です。

息子は幼稚園で少し習った1~10までの数え方を知っていて、気がつくと20~30あたりも英語で数えられるようになっていました。

お友達に英語圏ミックスの子がいるのも良い影響をもらっているのかもしれませんが、英語に対する抵抗感がなく、しれっと習得していくのは頭が柔らかい子供ならではですね。

幼稚園入園前3歳になりたての頃は日本語とフランス語以外の言語が聞こえると「ママ、なんか聞こえないよ?」と言っていた頃がありましたが、今は英語というものを認識しています。

ナンバーブロックスのオリジナル版はブリティッシュイングリッシュです。あわよくば美しい発音で覚えていって欲しいと思っている母親です。w

 

我が家はネットフリックスでフランス語版で観ているので、フランス語の数え方を勉強してもらっています。

 

▶︎大変だけど、2ヶ国語を上手に使い分けてる5歳さん。

モチベーション上げてくれた方との出会いも。

www.parisimpleco.life

 

 

ひきざんの概念がわかりやすい絵本

息子が通う日本語学校の図書館で息子が見つけたのがまついのりこさんの絵本。
じゃあじゃあびりびりなど赤ちゃんの頃の絵本を何冊か持っていますが、息子の成長とともにまたお世話になることになりました!
いつもどおり絵が可愛いのはもちろんですが、息子がたしざんはわかっても引き算がよく理解できないでいたのですが、この絵本を読んでからひき算とはをイメージができるようになりました。
ひきざんは残った方を数えるという説明とイラスト、数式も補足してあるので幼児にもすんなり入ってきたようです。
一つだけこの本の注意点としては「あくま」が出てくること。絵は怖いものではないけど、苦手な子もいるかも。
息子はよくわかったようで、たしざんの本もとけいの本も気に入って図書館から借りて何度も読んでいました。
 
▶︎ひきざんの概念が伝わる絵本

▶︎知育プレゼントとしても良さそう◎

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

 

▶︎お家で楽しめる知育系のゲームといえば

www.parisimpleco.life

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー