MENU

【コロナ後の滞在許可更新手続き】EU市民の配偶者の提出書類とは

 

 

みなさんこんにちは、今日は滞在許可更新手続きについてお話ししたいと思います!

2017年に滞在許可を取得してから、早くも5年間の滞在許可が切替時期になりました。

やっぱり何かと一筋縄では行かない・・プリフェクチュールでの滞在許可更新手続きでした。

更新に関する記事は前回の記事もぜひご参考になさってください。

 

今回ようやくプリフェクチュールで手続きをすることになりましたが、結果から言うと、レセピセの発行となりました。期間は3ヶ月間。

滞在許可を初めて発行した際との比較とどうやら見えてきた必要書類などをまとめたいと思います。

とりあえず、レセピセゲットしたので気持ちは少し落ち着きました〜

 

● 5年ぶりの滞在許可更新手続きで変わってたこと(コロナ後)

● 予約済みだったのに5時間もかかったわけ。

● 結局必要な書類はこれだ!

 

※私の滞在許可は「EU ファミリーメンバー / membre de famille d'un Européen」と言うもので、EU市民がその国籍以外のEU圏で暮らす際に家族に発行されるものです。

フランスでフランス人と暮らす「フランス人配偶者の滞在許可」とは異なります

なぜか情報が少ないEU ファミリーメンバーの滞在許可証発行手続きを必要としている方にお役に立てれば幸いです。

 

【コロナ後の滞在許可更新手続き】EU市民の配偶者の提出書類とは

2017年に5年間の滞在許可証を取得してから更新期間となり、プリフェクチュールが指定した予約日に更新手続きを行いました。

現状はレセピセ(仮の滞在許可証)ですが、とりあえずは山場を乗り越えました。

またここから新しい数年間が始まるのだなぁ・・と感慨深い気持ちになるばかりではないほど、今回のプリフェクチュールでの手続きも波瀾万丈でした・・・。

前回は言語の面でも不安が多く夫に同行してもらったのですが、今回は1人で乗り込みwました。

 

まずは流れから▶︎▶︎

2017年3月: 滞在許可証発行(2022年3月まで)

2022年2月: 滞在許可更新申請(メールで書類送付)

2022年3月: メール返信来た 更新手続きの予約日知らされる

      予約日までの滞在許可はメールの本文内容可能

2022年6月: 滞在許可更新日→レセピセ取得(3ヶ月間)、書類不備あり!⇦イマココ

 

※その後の流れは随時追記しています。

 

5年あっという間だったので、これをずっとやり続けるのは大変だな・・・と思ったり。

 

▶︎前回までのお話。滞在許可更新を始めたら・・

www.parisimpleco.life

 

コロナ禍で変わったプリフェクチュールの滞在許可手続き

・予約制&ネット手続き

コロナのタイミングもあってか以前はパリなど一部でしか取っていなかった予約システムがほぼ全ての手続きに適応されています。

私の住むパリ郊外も5年前は朝9時の開館時間前に並んで手続きを待ったのですが、現在は予約なしでは手続きは受けられないようです。今回も揉めている人たちが何組かいました。

また、フランスの学生ビザや配偶者ビザ手続き・住所変更などネット上で手続きができるようになりました。手続きが進んだら予約日に取りに行く。

 

【後日追記】読者の方からのコメントでもあったように、フランスの一部の都市ではネット手続きではなく必要書類(コピー)を送付して申請するタイプの手続きもあるようです。

 

・EUファミリーメンバーはまだネット手続き不可

予約制になって「おお、進んだな!」と思っていたら、EUファミリーメンバーはネット手続きはまだ整っていないようで、プリフェクチュールにメールで一旦書類送付を行いました。住んでいる地域によっては書類を郵送するなど異なるやり方もあるようです。

 

 

EU家族の滞在許可申請 必要書類はこれだ!

政府の専用サイトがあるにもかかわらず、必要書類はかなりふわっと書かれていて、とりあえず要りそうなものを片っ端から持っていく、と言うのは初回も今回も同じでした。

そして先方の対応の悪さがすごいのでw、必要書類がなんなのかコミュニュケーションすることもできない(まじ)のです。

今回手続き中にどさっと返されたもの(要らん!と言わんばかりに)と書類をカテゴリー別に分けている様子をガン見してきたのでまとめてみようと思います。

 

ちなみに、membre de famille d'un Européenと言う名前の滞在許可証ですが、配偶者やパートナーに限らずさまざまなカテゴリーに分かれているので私が必要だった書類イコール全てのmembre de famille d'un Européen滞在許可証に適応するものではないです。

私はヨーロピアンの配偶者と言うカテゴリーで手続きしています。

 

一応、予約済みメールと一緒に私が必要な書類リストが送られてきました。↓

該当のところにチェックマークがついている。

(と言っても、明確な書類名は書かれていない。)

▷フランス政府の公式情報はこちら。フランス語か英語にも切替可能

www.service-public.fr

 

結局なんの書類が本当に必要なのか?よくわかりません。

が、今回窓口での手続き時に担当の方が提出した書類をカテゴリーごとに分けていたのでガン見して待っている間にメモしておきました。w

(窓越しだったので全ては見れていないです)

そして、①必要書類②不要だった書類をリストアップします。

 

カテゴリー▶︎▶︎

État civil / Familiale / Administratif / Domicile / Autre と言った感じで分けていました。他にもあったのかどうかは不明。

 

必要書類

【メールに添付された書類】...印刷して記載するもの

・Fiche vie privee

・Attestation Herbergement

 

【本人(私)】

・有効なパスポート

・期限切れ滞在許可証

・証明写真

・携帯料金の領収書

・仕事の契約書

・給与明細

・RIB (口座情報)

・フランスのディプロム / 資格の証明

・過去5回分の納税証明

 

【自宅・結婚関連】

・EDF契約書と直近3ヶ月分の領収書

・婚姻証明 ポルトガル・フランス語

 

【夫に関する書類】

・パスポートコピー

・仕事の契約書

・給与明細

・RIB(口座情報)

 

【息子に関する書類】

・パスポートコピー

・IDカードコピー

・Acte de naissance / 出生証明原本(フランス)

・Attestation de scolarité / 幼稚園在園証明

 

【不要?書類】...手続き途中に返された

・Quittance de loyer(家賃の領収書)

・Contrat de bail(住居契約書)

 

☆明細・領収書系は全て直近3ヶ月分

書類の原本も一応持っていきました。

 

以上です。

現状、レセピセ状態なのでまた書類が足りてないと言われることもあるかも・・w

あれば追記します。

 

結局、EU市民の配偶者のカテゴリーとしてはEU市民が仕事をしているか?が重要らしく冒頭に質問されました。私の給与明細も一応要ると思うのですが、夫の給与明細やコントラの方が大事そう..なんやねん、と思いました。

 

○子供がいる場合は子供の書類も忘れずに。

・出生証明は出生地の役所で取得可能です。1週間もあれば郵送でもすぐに受け取ることができます。原本を提出しましたが必須かは不明。半年以内に発行したものが良いです。

 

○結婚を証明する書類

前回は日本から取り寄せた「婚姻受理証明書 アポスティーユ付き」を持っていきましたが、とにかく手元に届くまでに時間がかかる。そういえば夫の国の方でできるんじゃ?!その方が早くて手間もかからない!

私たちの場合はパリのポルトガル領事館に連絡すると、Tours?領事館の連絡先を教えてくれました。電話で詳細を伝えるとすぐに発行&郵送してもらえました。20ユーロくらいかかったので費用は高めですが、ポルトガル・フランス語で併記されており翻訳の手間も要らないです。

 

【10年ビザ取得の為には語学力証明が必要】

DELFなどの語学レベルを証明する書類

フランス人配偶者の方たちがここ数年で「語学レベルを示す書類」が10年ビザ取得に関わるという話は最近よく聞きます。

2018年から初めての10年ビザ申請の場合、フランス国籍取得の為にはDELFなどの公式な資格の証明書が必要ということです。

必要なレベルはA2です。語学学校などの修了証ではNG。

DELF A2以上 / TCF A2以上なので、フランス語に自信がない方や勉強を始めたばかりの方が到底無理!!というレベルでは無さそうです。

 

・フランスで高等教育や大学のディプロム所持者はDELFやTCF受験は不要

・TCFは一般のもの(A1-C2)か滞在許可(と帰化)申請向けTCF IRN(A1-B1)どちらでも可

 

 

※以上必要書類リストをあげてみましたが、私は今回「更新」なので初回申請の方はプラスの書類があるかもしれません。

できるだけ思いつく書類は全て持っていくのが良いかと思います。

初回の申請時はフランス入国日の確認があり、パスポートの入国スタンプを確認されました。今回は書類に記載しましたが、特に提示は求められず。(まぁ5年も前ですし)

 

▶︎2017年 初回申請⇨滞在許可取得まで

www.parisimpleco.life

 

書類不備 発覚!!

いまいち何が必要か書いていないので、手続き中にやっぱり書類不備と早速言われてしまいました。

あれがないこれがないと言ってくるのはお約束なので、まぁ仕方ないのです。初回の申請も何度か足を運ぶ羽目になったし5年間フランスで生きてきたので変に肝が据わって「どうにでもなれ」と思っていました。やさぐれw

担当の方が夫に連絡してメール送付してもらえないのか?と仰るので急遽連絡し(たまたま家にいたので助かりました)データをもらい、その後受付の方に印刷してもらい、提出できました。先方もよくあることでとてもなれている感じだった。

 

・全て手続きが終わると、紙を1枚もらい下記書類を送付するようにと言われる。

また足りていなかったらしい、、、。子供の「Attestation scolarité  / 在園証明」をすっかり失念しており、さすがに自宅にもなかったので後日やるしかなかった。

⇨在園証明は学校(幼稚園)の校長先生にお願いすると、すぐに用意していただけるもの。

 

幸いにも書類不備はあってもレセピセはその場で発行してもらえたのでよかった。

追加書類を早く送付すれば、早く本滞在許可証を受け取れるからとプレッシャーをかけられたのでw早く送付します。w

予約済みなのに5時間!待った・・・トラブルがつきものの滞在許可更新手続き

滞在許可手続きには覚悟して臨みましたが、まさかこんなことになるとは、とんでもない1日を記録しています。(ため息)

私の予約は朝9時でした。手続きが終わったのは13時過ぎ。一体何が・・・w

 

そもそも9時になってもしばらく開館する様子はなく20分くらい外で待ちました。

やっと開館して受付を通ると、「名前が呼ばれたら窓口へ行ってください」と言われて待合室へ行きました。

10時過ぎになっても呼ばれず、途中途中で「まだ呼ばれてないんですけど?」「この名前って呼びましたか?」「9時の予約なのにまだ手続きできないんですか?」と隙をついては質問しに行ったのですが「今あなたの名前は読んでない」「いま○○さんを呼んだの、あなたじゃないよね」「みーんな9時だから。」などとあしらわれていました。w

同じ時刻に入った人がどんどんいなくなっていくし、さっき「あなたも9時だよね?」と声をかけてくれたカップルももう手続きが終わり、帰ろうとしている。

あぁ何かがおかしい。。もう一度質問しにいくと、面倒臭そうに対応する女性スタッフの横から男性スタッフがやってきて「マダム!もう3回も呼んだのに!!あなたが来なかったんじゃないか!9時の予約で唯一来てない人だよ、あなた!」となんならキレ気味に言われる始末。

 

おい待て。

私はずーーーーっと開館時間から居るし、いっさい名前なんて呼ばれてない。トイレに席も外してない。そんなはずはない!と主張するも、「呼んだら来ないと。待っても待っても現れないんだから」とか言われて、いや朝からおんねん。9時って言われたから早めに来たし、とは言えあなたたちは9時には開いてなかったけどねとか無意味な嫌味をかましてもなんの意味もない。。。w

 

現在11時20分くらい。

そして「じゃぁ今ここに座っていいですか?(手続きしてくれる?)」と尋ねると、「まだやってない人がいるから」と後回しをこの後に及んでも喰らい、終わったのを確認したらすぐに来なさいと。

 

辛すぎる・・・・・。怒りが収まらないし、ぶち当たるところもない。あぁなんてこと。

震えながら、家から持ってきたお茶wを飲んで落ち着くことにしたのですが、呼ばれたら呼ばれたでパラパラ〜っと書類に目を通し、「書類が足りてないから夫に電話して送ってもらってください。受付でコピーしてもらえるから。僕はお昼休憩だからじゃぁ13時に!」と言われる始末。ものの3分。

 

わたし、持ってなさすぎる。ここからの5年?不安すぎる。こんな国で。w

ていうか予約制の意味!!

確実に呼ばれてないのよ、3回なんてもってのほか。待合室も小さくて大体呼ばれた人が向かっていくのを全て見通せるくらいのスペースだった。呼んでも返事がないとみんな探していたし、そんな人もそもそもいなかった。。呼ばれたらすぐ向かっていたし。

 

言われた通り、書類のコピーなどをしてもらおうと、受付へ行くとスタージュ生はお客さんそっちのけで国会の政治家みたいに堂々と眠りについているので「ボンジュール(怒)!!?」と言って起こしてコピーをお願いしたいと伝えるも、「私の同僚がもうすぐ来るから」と言って、今度は机に顔を伏せて寝始めた。もう笑うしかないw

 

とんだ人たちだわ、と思っているとさっきからお客さんとバチバチ喧嘩してた受付のお姉さんが戻って来てコピーの件を頼む(期待はできない)。

が、丁重に(下手に出て)お願いした際、なぜかめちゃくちゃ優しく迅速で無駄なく仕事する人で、え!色々勘違いしてごめん!!というくらいいい人だった。なぜーw

コピー不備とかないかしら?あったら遠慮なく言ってね!とか言われて多分そこそこ普通の声かけなのに周囲との差が歴然すぎてもう女神で癒しにしか思えなかった。w最後だって がんばってね〜とか言われて。

途中、日本人とわかって日本旅行がコロナでダメになったおじさんが話しかけてきたけど、私の心身の疲労が凄すぎて塩対応してしまう。wもう、疲れたんだ・・・

時刻はまだ12時過ぎ、あぁあと1時間弱待たねば、、、と待合室に戻ると、突然名前を呼ばれたー!!!なぜーー!今日初めてなっ!!

さっきランチに行ったお兄さんではない女性スタッフが突然名前を呼んできた。

書類を出せというので、「あなたの同僚に渡しまし」と言い切る前に無言で書類を取りに去る。さすがだな、おい。

その後、質問はされるけど、答えているうちに無視されるか別の同僚と話しながら手続きを進め、コミュニケーションとは言えない状態で進められる。

 

書類が諸々足りていないとは言われたがとりあえず手続きを終えた。

13時になる前に終えたところで荷物を片付けていると、さっきのお兄さんが戻ってくる。「マダム!始めるよ!」と息を切らしながら戻ってきたので、意外といいやつだったのかも、と思ってしまう。

「ちょうどいま終わったところで、同僚の人がやってくれました」と説明すると、OK〜とか言って軽快にどこかへ行ってしまった。

余談だけど、この日電車のストがあって、1時間に1本しか電車が出てなくてその1本が今出たばかりw1時間時間潰さねばとショッピングセンターをうろつく羽目になったのでした・・。なんてひだ。

 

【9/26 追記】更新手続き3ヶ月後に起こったこと

2022年6月末にプリフェクチュールで更新手続きを行なって、その場でレセピセをもらいました。有効期限は3か月。

現在9月末で有効期限が切れました。そして、何も起こらない・・・・・・。w

更新手続きの最後にレセピセをもらったが、どうしたら良いか?と質問をしたのですが

「あなたは待つだけ」と言われ新しい予約や再来館は不要と言われたのですが、案の定3ヶ月が過ぎても(しかも8月とかあんまり機能してなかったんじゃないかなw)新しい滞在許可証どころか新しいレセピセも受け取っていません。・・わかってたー

 

で、これからどうしたら良いかはよくわからないので、一応プリフェクチュールにEメールは送りました。

電話した方がいいと夫はいうので、一応電話も。

レセピセが切れたのでプリフェクチュールに電話したらわかったこと

電話も一応かけてみたところ5分くらい自動音声で「予約なしの来館は不可」など様々な(どうでもいい)案内がひたすら流れて、新しい予約を取る際はwww.〜と言い出しました。予約取れるんかいな。

しかしウェブサイトを見てみると、予約できそうなところはなくwレセピセが切れる15日前から新しいものを再申請可能です。郵送(Courrir suivi 追跡付きで)で下記のものを送ってください。という案内を見つけてしまいました・・・・・

 

私も今までなんで見ていなかったのか謎ですが、結局郵送でまた手続きするんかい。

あくまで私の住む街のプリフェクチュールのやり方です。

レセピセの再申請に必要な書類はこちらです。

 

- la copie de votre récépissé, レセピセのコピー
- la copie de votre passeport, パスポートコピー
- un justificatif de domicile récent, 直近の住居証明・電気代の領収書など
- une photographie d’identité, 証明写真
 - une enveloppe « courrier suivi » libellée à vos nom et adresse. 住所と名前を記載した封筒に追跡付きで郵送すること

 Le récépissé vous sera adressé par voie postale à votre domicile. レセピセは自宅に送られます

 

今から準備します・・・。

【10/10追記】またレセピセが届いた・・・

レセピセ切れたな〜・・・

レセピセ更新方法をWebサイトで確認してやむなく郵送申請して音沙汰ないなぁと思っていました。

 

その後、郵便受けに新しいレセピセが届いていました!

レセピセの期限はまたも3ヶ月間

とりあえず、ちょっと安心。

よーく見ると申請した日に発行されたので私が申請したものは意味なさそうw

 

この3ヶ月で本滞在許可証は貰えるのかどうか・・お楽しみに・・。w

 

【11/17 追記】 追加で書類送付の依頼!!語学証明を求められる

半年近く経つのに、レセピセのままです。

(これまで)

6月にレセピセをもらう(期限9月)⇨10月に2回目のレセピセが郵送で届く(期限1月)⇨11月中旬に書類の送付依頼が届く!!←イマココ

 

毎日何となくソワソワとsmsまたは郵送で「滞在許可ができました!」のお知らせが届くのではと思っていたら、またしても追加書類が必要ということでした・・・。

郵送で送るよう指示があったのは下記の3点

 

・2022−23年度の子供の在学証明

・フランス語レベルの証明できるもの(A2以上)

・過去5回分の納税証明

 

⇨在学証明はすでに申請時に提出したのにまたしても依頼がありました。学校にお願いすればすぐに出してもらえるはず。納税証明も何とかなりそう。

 

⇨噂をしていたら、語学証明の依頼がついにきた・・・・!!!

私は語学学校の修了証明は持っているけど、DELFを持っていない!語学資格は5年近く受けておらず、無効ということ。

TCFを取り急ぎ受けられそうなので、何とか資格取得したいと思います!

受験料が150ユーロという痛い出費ですが、もしかしたらこれで10年ビザを手に入れられるかも!!

 

▶︎試験内容などの詳細はこちらに

www.parisimpleco.life

 

 

 

本日もお読み頂いてありがとうございました。

 
- 私のツイッターこちら

- インスタグラムこちら

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー