パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

フランス生活、家族のことなどを綴っています。

フランスの保育園  公立保育園

スポンサーリンク

息子の保育園(クレッシュ)入園が決まりました!
約半年間の保活の末、運よく空きが出たという事で入る事ができました。
息子は1歳になったので赤ちゃんクラスではなくその次の2歳前後の子のクラスに入ります。
新しい生活が始まる時はまさにドキドキ、ワクワクですよね。
今のところ親の私たちだけだと思いますが笑

•フランスの保育園(クレッシュ)の持ち物は?
•持ち物の意外な意味

フランスの保育園(クレッシュ)に持ち物はほぼ無し

公立保育園に入園した息子。入園の登録時にひと通り説明を受け、持ち物を確認すると…「特にありませんよ!」と先生。
おむつは指定がなければ園が用意してくれるとのこと。
食事の際のよだれかけやスモックはさすがに持っていかないと!と思いましたが、それも準備されていました。もし必要なら、哺乳瓶もありますよ!と先生が見せてくださって下さって驚き!

私が用意するものは着替えの服だけでした。

【入園後に追加で加えた持ち物】
おむつは園内でパンパースを利用しているとのことですが、我が家はもともと違うメーカーのものを使用しており、試しにパンパースを使ってもらったらかぶれなどがあり、持参することになりました。
また、おしりかぶれのケア用品なども持参する必要があります。
私が持って行っているものはこちら。
・おしりケアクリーム、リニモ
・鼻水がたくさん出る時の洗浄液
・解熱剤シロップ

下の二つは担任の先生から持ってきて欲しいと依頼されたものです。
つまり少々の体調不良でも預かってもらえますが、ケア用品は予め子供に合うものを用意して保育園に置いておく必要があります。

それにしても持ち物の負担が少ないのは本当にありがたいことですね。
www.parisimpleco.life

フランスの保育園の持ち物はお昼寝にも使うアレ

着替えは入れておくとして、それ以外に1つだけ持ってきて下さいと言われたものがあります。
先生から「(息子は)ドゥドゥは持っていますか?」と質問されました。

ドゥドゥとは…ぬいぐるみだったり、ブランケットなど赤ちゃんのお気に入りのもののこと。
ねんねの時などにそれがあると安心できる存在なのです。
フランスの子供たちは大抵ドゥドゥを持っていて5歳くらいの子でも年季の入ったドゥドゥを持ち歩いています。


なぜドゥドゥが必要か?

保育園でのお昼寝の時間があるからだと私は思っていたのですが、答えは少し違いました。

「先生、息子はドゥドゥをベッドから放り投げたりしますし、これがないと寝られない!と言うほど愛でていないようなんですが…」という私に本来の意味を教えてくださいました。


「全然(愛でていないことは)問題ないですよ!
ドゥドゥは子供達が寂しくなったり不安になった時に家にいつもいるドゥドゥを手にすることで家族の匂い、家族を思い出して安心出来るからです。」というお答えを頂きました。

「多くの子供たちもドゥドゥにそれまで執着していなかったのに、保育園が始まってからドゥドゥが大好きになっていくんですよ!」と仰っていました。

なんだかキュンとする話だなぁ…

そして、ドゥドゥにそんな意味合いがあったとは知りませんでした!


▼ こちらの記事も参考にどうぞ。
www.parisimpleco.life


ドゥドゥについてのまとめ

フランスの両親達は赤ちゃんが産まれたらすぐにドゥドゥを持たせます。
実はプレゼントでもよく頂くことがあり、我が家にもざっと10人くらいはドゥドゥがいます。

その中で赤ちゃんがお気に入りを見つけていくのです。

★ドゥドゥと生活する

•旅行などにも持っていくと、ベッドの環境が変わったときも安心できる
• お気に入りが1つだけのときは予備があると良い→無くしてしまったり、お洗濯中にないと困る。

赤ちゃんにとって、環境の変化はとても大きなことですよね。
赤ちゃんが不安を感じると眠りにつけなくなったり泣き止まなかったり。
ドゥドゥが助けてくれるのなら活用しない手はないですね!


手触りの良いぬいぐるみやブランケットを用意して試してみてくださいね。


本日もお読み頂きありがとうございました。




にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー