パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

育児とエコロジー、家族のことなどを綴っています。YouTuber初心者です。

MENU

【子連れでブルターニュ】 シーズン外の海に必要な持ち物

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、今日は子連れでブルターニュ地方へバカンスに来ているお話しです。

真夏ではなく最終シーズンということもあって、持ち物が複雑!

子連れだと着替えも多いし。ということで、持ち物リストを作ってみました。参考になったら嬉しいです!

 

●パリからブルターニュ(サンマロ近辺)への移動は2時間ちょっと

シーズン外のフランスの海に来る際の荷物のあれこれ

●2週間のバカンスも子育ては休みなし。楽するあれこれの方法。

 

こんなご時世でもバカンスに行くのです。

 

 

【子連れでブルターニュ】 シーズン外に必要な持ち物

フランスの海で少し遅めの夏休みを過ごすことにしました。

やってきたのはブルターニュのサンマロ(Saint Malo)から近いSaint Lunaireという場所です。

もともと年1で帰国している日本に今年は行く事ができなくなって、バカンス難民と化していた私たちです。

今年は不安も多いですが、それでもフランス国内や近郊ヨーロッパへ夏の間バカンスを過ごした方も多く、やっぱりバカンスには出かけるのねとフランス人のバカンスにかける思いを再認識したのです。

日本の8月が暑すぎて夫が干からびるので、9月にと、3週間半夏休みをどうするかと悩んでいる時に、家族同然の付き合いをしている友人がブルターニュにあるお家を貸してくれることになりました。

 

子連れで長期バカンス いかに楽するかを考える

長期間のバカンスでは何もしないとかのんびり過ごすことに重きを置いている人も多いです。旅行先で計画的に効率的に楽しむ日本にいた頃の私とは結構違う過ごし方なので最初は結構驚きました。笑 もちろんどちらも良い点があって好きなんですけどね。

ただ、問題は子育てですよ!

バカンス最高〜!って思いつつも2歳半の息子が一緒なので、子育てにバカンスっつーものはなく下手したら自宅より疲れてしまう可能性もあるので、いろいろ工夫が必要です。

いつもと違う環境で快適に過ごせるように持ち物やらアクティビティやら考えました。

 

パリからブルターニュ 海辺の街サンマロまでは2時間!

パリ近郊に住んでいる私達はTGV(フランスの新幹線的な)に乗ってサンマロまで来ました。2時間と言う速さで海辺まで来られるのは本当に嬉しい!

サンマロ近郊到着後は駅から片道2.5ユーロで周辺都市や観光地へのバスが出ています。私たちの滞在する家も周辺だったのでバスで移動しました。

パリからサンマロ周辺までは車だと片道4時間前後で到着できます。

 

2歳児と電車旅

2歳児との交通機関は長いと大変ですが、絵本やシールブックの時間と夫がコーヒーを買うのに一緒に連れて散歩に出かけてもらっていたら結構あっという間でした。お昼時だったので持参したお弁当(おにぎり・唐揚げ・ウインナーやプチトマトなど)をさっと食べて過ごせたのもよかった。

2時間だとストレス少なめで良いですね。ほっ。

 

>>TGV内のコロナ対策

9月頭から新学期が始まっていることもあって車内はかなり空いていました。マスク着用はもちろん駅と車内で必須で、車内は衛生的に保つ為、ゴミを席まで回収しに来てくださる係の方がいました。降りる際も使ったティッシュなどを置いて行かないようにとアナウンスがありました。

 

2歳児と海辺へ行くときの持ち物

友人には出発前に家には大体こんなものが揃っているからと教えてもらっていました。Wi-Fi以外全部あるじゃん、と言うくらい全部揃っていて本当に助かりました。

近所にスーパーやレストランなどもあるので便利な場所です。

ここからは好みですがこれあってよかったわと思う私の持ち物リストをざっと挙げてみます。(着替えや日用品などベーシックなものは省略)

電車移動だったので荷物は結構最小限でした。

 

 

<息子用>

・お気に入りの絵本2冊、新しい本2冊

・いつものコップとフォーク

・長靴

 

<食事>

日本食(味噌、うどん、カップ麺、顆粒だし)

・ネットスーパーで事前注文

 

<服装> 

・レインブーツ

・ヨットパーカ

 

ブルターニュという場所柄、天気が1日変わりやすいです。晴・雨・風に対応できる服が必要です。荷物になる・・

しかも9月はバカンス時期には最終シーズンです。(そのあとは寒い、雨が続く)

友人の勧めがあったので子供の長靴持参しましたが、確かにかなり役立ちます。海で泳ぐには寒すぎる時も多いので、アクティビティは浜辺で貝殻を拾ったりするのですが、天気にかかわらず浜辺が基本湿っている&水溜りが多いので、長靴で動いてもらう方がいいです。初日はスニーカーが大変なことになりました・・。

服装で言うと、ヨットパーカやレインブーツは大人もかなりおすすめです。突然の雨と風にも対応でき、砂で汚れてもすぐに落とせます。いかにもマリンルックぽいですし。

 

私が使っているのはRainsと言うデンマークのブランドのもの。

パリの街中でもかなり役立つし、デザインもスタイリッシュなので晴れの日にも使えておすすめです。

▶︎写真などはこちらからどうぞ。レインズは防水リュックでも有名ですね。 

www.parisimpleco.life

 

レインブーツ(ラバーブーツ)はフランスブランドのAIGLEのものを使っています。

長靴ぽっすぎないブーツは日常用から海辺、森、ガーデニングなど目的別にデザインが揃っているし、お天気の日にも使えて重宝します。

私はシンプルなショートタイプで場所にかかわらず履いています。笑 一応マリンルック用らしいです。

 

↑なんかカタログみたいになりました。笑 私物です。

ラバーがかなり柔らかいので心地よいです。波打ち際を歩いてみましたが染みることなく過ごせました。

 

エーグルと言えば、子供向けの長靴もかなりバリエーションがあってかなり可愛いですね。

 

 

▶︎バカンス前にいろいろ揃えられるのがデカトロン 。あらゆるスポーツ用品やアウトドア用品が揃うのでみんな持っているナショナルブランドです。ラバーブーツ(乗馬用)はここのも使っています。 

www.parisimpleco.life

 

フランスのネットスーパー活用 全国的に使えます

長いバカンスを満喫できるのは素敵なことですが、食事はやっぱり毎日考えないといけません・・。

レストランで毎日とはいかないのである程度食材を買うのにフランスのネットスーパーで事前に注文しておくのはおすすめです。

日本みたいに日曜もずっとお店が空いていたりコンビニがあったらいいのですが。ミネラルウォーターやパスタなど長期保存もきくし初日に届けてもらえると安心ですよね。買い物の手間も省けるし、重いものを家まで届けてくれるのも助かります。

よく利用しているToupargelと言うモノプリ系の冷凍食品をメインに扱うネットスーパーがあり、今回のバカンスに限らずよくオーダーしています。

 

・フランス国内中どこでも配達可能(配達日は週に2〜3日なので注意)

・40€以上購入で送料無料

・お肉などが真空パックでフレッシュ感がある。(少し割高ですが美味しい)

・大手A●chanなどに比べて梱包状態、配達の方がかなり親切でサービスは割と良い(フランス基準(笑))

・冷食は野菜、魚、お肉、一品料理やアペロ、デザートまでかなり豊富

・日用品も若干あるので、一通り揃えられる(トイレットペーパーや子供のお手拭き、洗剤類)

 

欠点としては・・・

・野菜や果物などはマルシェなどには及ばないのでそこまで品質と品数が期待できないです。(今回は地元食材が高品質でりんごなどいつもよりおいしかったです)

・商品価格が全体的に高めです。

 

それでも時間指定が細かくできるし、滞在先まで運んでもらえるのは助かる方も多いのではないでしょうか。活用してみてくださいね。

バカンスに日本食があると幸せ

海外に何日か滞在する旅行時はよく感じることですが、「そろそろ日本食が食べたい!」と体が訴えてくる時があると思います。笑

今回は味噌、顆粒出汁を予め持っていきました。お米と醤油はネットスーパーで届けてもらいました。

フランスの食事は美味しいものもたくさんあるし、地元料理を楽しむチャンスなのですが、疲れた時にお味噌汁とご飯があると幸せ・・。時々そうやって休憩した方が現地の食事も楽しめる気がします。

いつもは買わないんですが、今回のバカンスのために日本のカレールーも買いましたよ!笑 カレーはささっとできるし、食べるのが楽しみです。

 

 これはなくてもよかった、持ってこればよかった

・子供の着替えをたくさん持参したものの、汚れや海の砂で汚れて頻繁に洗濯する羽目になったので、もう少し減らしてもよかったかなと・・。

・ズボンやレギンスなどはたくさんあった方がよかった(海で濡れるので)

 

いつもなら砂場遊びのおもちゃを持っていくのですが、嵩張るので諦めました。結局、水で遊びたいし、貝殻拾いに夢中なので今回はなくても全然楽しめています。

 

 

バカンスでは何もしない努力する

つい「〜しなきゃ」って思っちゃいがちなので、何もしないように務めることって実は結構難しいんです。SNSや家事や旅行の計画、写真を撮ったり整理したりなどもちろん時間があるバカンス中にやればいいんですけど、まずは何もしないことをベースに動く。笑 

そうじゃないと日常のように、「達成しないといけない気持ち」に襲われてまた疲れそうだからです。海辺に来て何かしないといけないわけではなく、ただ過ごすのも贅沢で非日常なことなんですよね。綺麗な写真撮ったり、泳いだり、本読んでみたりはオプションでいい。「せっかく来たからやらなきゃ」という気持ちから少し離れて過ごす日もいいんじゃないかと思います。

完全に自分に言い聞かせている。笑

バカンス中感じたことがあればまた綴りたいと思います。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村  

 

プライバシーポリシー