MENU

【国際カップル】フランスのかわいい名前 赤ちゃんの名付け

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。今日はフランスの赤ちゃんの名前についてお話ししたいと思います!

日本と同じく名前のトレンド傾向があり、毎年ランキングが発表されています。

フランスはさまざまなルーツの両親がいるからか、特にパリではパリらしく国際的なラインナップの名前が並びます。

私たち自身も自分の子供の名付けは大変でしたが(発音や両親が呼びやすいかどうかなど)一生のものなので納得行く名前をつけたいですよね。

名付けを考えている方にもぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

というか、赤ちゃんって写真だけでもなんでこんなに綺麗で幸せを与えてくれるんでしょう??!

 

 

フランスのかわいい名前 赤ちゃんの名前

フランスの子供たちの名前ランキングは毎年公表されています。

その年(年代)のトレンドや傾向が日本と同じようにあって、確かに流行っている名前はあちこちでよく見かけます。

日本との大きな違いとしては、ほとんどが既存の名前であることです。

完全オリジナルな名前はほとんどなく、伝統的な方法で名付ける家庭は聖人カレンダーの日付で名前をつけます。

いわゆる古風な昔からある名前が再流行する傾向もあります。

新しいオリジナリティのある名前を創り出すという感じはあまりないので、聞き覚えのある名前が溢れています。

日本だと、なんとなく名前で世代がわかる場合がありますが、フランスにもその傾向はあります。その名前だと年配だな・・みたいな。

 

体感的には日本よりも名前のバリエーションが少ないのかなと思えるほど、断然同じ名前が多い!!!

私がフランスに来たばかりの頃混乱したのは、やたらJulien(ジュリアン)という名前の男性が周りに多くて夫との会話で「どのジュリアン?」となるくらい、似た名前ではなくて同じ名前ばかりと言う印象でした。

 

今回はパリ市で発表された2023年の名付けられた名前ランキングを載せています。

パリは言わずもがな国際都市なので、外国人やフランス以外のルーツがある人達も多いことからランキングにも特徴があります。

 

女の子の名前

【2023 パリ市のランキング】

▷参考ページ:パリ市ウェブサイト

 

男の子の名前

男女とも最近は古風な名前をあえて付けるのが流行っていると言うのはよく聞きます。特にガブリエルは男女ともにつけられるクラッシックな名前の一つ(ココシャネルの本名はガブリエル!)で息子が生まれた2018年も人気ナンバー1の名前でした!

 

ここ数年のトレンドは大幅には変わっていないようで、2018年のトップ5とも比較してみました!

2017年にパリ市が公表した調査によると、すでに10年以上、ガブリエルとルイーズはパリで生まれた子どもの名前ランキングで1位の座を占めている。

 

男の子のトップ5(2018年)
1位:ガブリエル Gabriel
2位:アダン Adam
3位:ジョゼフ Joseph
4位:ラファエル Raphaël
5位:ルイ Louis

 

女の子のトップ5(2018年)
1位:ルイーズ Louise
2位:アリス Alice
3位:クロエ Chloé
4位:ジャンヌ Jeanne
5位:エマ Emma

引用:Figaro Japon

 

 

キラキラネーム?認められなかった名前

フランスでもかなりオリジナルな名前で申請する人たちがいて、役所に認められなかった件が過去にはいくつかあります。

 

Fraise...苺

Nutella...ヌテラ(パンなどにつけるチョコ&ヘーゼルナッツのソース)

Griezeman Mbappe...グリーズマン エムバッペ(フランス代表の有名な2選手の苗字を名前としてつけたい)

Mini-Cooper...ミニクーパー(車種)

など

調べてたら結構びっくりするものもたくさんありました・・・(割愛)

フランスの法律には当然【子供が不利益になるような名前は付けていけない】という当たり前の規則があります。あまりにオリジナリティが強すぎる場合は認められないこともあります。

国際カップルの名付けは大変

私たちの子供の名付けには色々悩みましたが、5歳児に聞いたところ自分の名前が気に入っている!と言ってくれていてなんだか良かったなぁと思っています。

カップルによって名付け方は様々だと思いますが、我が家の場合は夫の初志貫徹!といった感じでした。

国際カップルの子供の名付けで悩んだこと

我が家の場合は男の子で、最終的には日本の名前をつけました。

ミドルネームはなし。

 

名付けの条件

・日本、フランス(ヨーロッパ)で読みやすい発音の名前。

・L, R, Hが入らない名前 (最終的には入らない名前は難しかったw)

 

名付けの本や色々な情報を見聞きしたけども、どれもうーーんと言った感じで決めかねました。

一応名前の候補リストは作成しましたが、最終的には夫が「いつか男の子が生まれたら、この名前がつけたい!」と言っていた日本の名前にしました。

私も私で日本人が思う「外国人ぽい名前」が自分の息子の名前だと、なんとなくしっくり来ないな〜とは思っていましたw

【最終候補に挙げていた名前:ミナト、リアム、アレン】

息子が生まれる前に日本でもミナトと言う名前はトレンドだった(2017年ごろ)と思うし、読みやすい書きやすい!とかなり候補には上がっていました。

リアム、アレンはいい名前だな〜と思いつつも、やっぱり私は自分の息子の名前につけると思うとしっくり来ないし、何より漢字が見つからない!

 

日本とのミックスカップルがつける名前

日本との国際カップルがどちらでも受け入れられやすい名前をつけることがありますが、私がよく聞く名前はこう言った感じ。

呼びやすいし、漢字もつけやすい。

 

・エマ

・カイ

・ユウゴ

・ルイ 

・ミナト

 

など 他にも思い出したら書き足しますw

 

フランスはルイが男の子のみの名前、Hを発音しない、aiをエと発音するなど、どちらにも適応できる名前を見つけるのは意外とハードルが高い!特徴的な意味がある名前なども国によっては考えることがありますね。

どちらの文化でも呼びやすいってやっぱり大事ですよね。漢字もつけやすいと言うのはこだわりたい人にとっても重要なポイントかも。

 

我が家はたくさん候補はなかったですが、夫はリストに挙げては見るけどずっと自分がつけたい名前しかしっくり来ないと思っていたので、捻り出して作った候補リストw

日本の名前を付けたら?

日仏カップルに限らず、国際カップルは子供が生まれた時にどちらの国でも発音しやすい名前をつけることが多いですが、息子はそういった名前ではなく日本人のよくある名前ので、1回目はフランスでは聞き直されることも多いです。日本では「日本すぎて」驚かれる。

結果として良かったのは、息子の名前は発音しにくさはあまりないし(いや義母はあまりちゃんと発音できてないかもw)、幼稚園の友達からも周囲の家族からも違和感なく呼んでもらえているので安心しています。

一番気になる問題として、日本側の「漢字」をどうするかと言う問題については100%私に決めさせてほしい!と夫に伝え(不満そうだった)私が試行錯誤して決めました。

 

正直字画などは夫の苗字だとカタカナ表記になるしあまり深く考えずに、漢字の意味やバランスを考えて決めました。

 

意外とフランスにいると、日本の名前には意味があると思われていることが多くて、息子の名前にはどんな意味があるのかとよく聞かれます。

夫がつけたかった漢字(の意味)とは結局違うものにしたので、私がつけた漢字の意味を説明しています。(ここまで言って名前発表しなくてすみませんw)

夫は「本当は〜と言う意味がつけたかったんだけどね」と補足しています。うざいのですがやっぱり夫婦でどこかで落とし所をつけないと話は進みませんよね!

うちで言うと、夫が名前をつけたのだから、私は漢字を決めると言った感じです。

しかも夫は日本語はほとんど分からないしましてや漢字もほとんど分からないので!!!

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

 

 

www.parisimpleco.life

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー