パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

フランス生活、家族のことなどを綴っています。

国際カップルあるある?! 食事の悩み、好み

f:id:kazokunojikan:20190622211247j:plain




今日は国際カップルのあるあるのなかで特に「食事」について書いています。


・パートナーが日本食が好みかどうかはとても大事!
・一番困るのは自分が体調不良の時
・フランス人、友人たちにウケた日本の美味しいもの


日本帰国時はお寿司をこれでもかと食べています。
食事ってとても大切・・・!




フランス人夫は日本食(和食)が大好き!

我が家の食事は今は90%くらい私が担当しています。
共働きだった頃は早く帰宅した方が作る感じだったので半々くらいでした。

毎日パスタ、じゃがいも(こちらの人よく食べますよね?)では私は辛いので、お米を炊いて日本の家庭のように日本食を作ることもよくあります!


▼ 海外在住でもできる、私のオススメするお米と炊き方です!
www.parisimpleco.life


私は幸いなことに、夫が日本食が大好き!
本当にありがたいことです。

一部、お刺身の光り物などは好みではないようですが、全般的に何でも食べられるので私も遠慮なく作りますし、日本帰省時も制限なく笑、食べられます。

煮物や唐揚げ、焼きそば・・何でも美味しいみたいです。

お醤油と砂糖の甘辛い味が良いらしい。




和食の良いところは「ウマミ」

フランスの料理チャンネルを時々観ますが、「umami」と言う言葉がよく使われていて笑えますもはや日本語を超えた言葉になっているようです。


夫いわく、お米一つにしても日本のお米は味がしっかりあって、まさに「umami」を感じるのだそう。
確かに海外のお米は白米だけで食べるととても味気ないので、何か具材を混ぜたりフランス人はよく「甘い醤油」をかけて(泣)食べています。


魚や昆布などの出汁も和食ならではの独特のウマミですよね。

先日の帰国で煮干しを買って出汁を取ったら『日本の匂いがする』と夫が言っていました。笑


日本食が恋しくなるのは体調が悪い時

先日、何年かぶりに熱で寝込みました。
息子が生まれてから初めてのことだったのですが、保育園に行っている日でかなり助かりました、そして夫が休みだったこと(病み上がり)で諸々やってもらえたので助かりました。

洗濯やお掃除などとても助かるのですが、食事に関しては・・・せっかく作ってくれているし、色々言いたくはないのですがやっぱり違うんですよね。

私だけではないと思うのですが、こう言う時、いつも以上に日本食が食べたくなるんですよね。
これは国際カップルのあるあるでしょうか。


フランスも食材がとても美味しいし、好きなものもたくさんあるんですが、体が欲しているのは違うんです。

体調不良時に夫が作ってくれた料理


熱がまだあり、寝込んでいると「お昼もちゃんと作るから!」と張り切っている夫。
私は『軽いものにしてね、脂っこいものは食べられない』と念を押しました。


夫はポルトガルの血を引くフランス人で、なにせオリーブオイルをたっぷり使った料理や味付けも濃いものが多い。

ニンニクや揚げ物の頻度も多くて、元気な時ならまだ良いんですけど日本人の私にとって体調不良時には酷すぎる。



流石に体調不良だから考えているよと言っていましたが、作ってもらったのはパスタボロネーゼ。
味は控えめにしてくれているのがわかりましたが、トマトソースかぁ・・
美味しかったんですけどね。


サラダもつけてくれていましたが、こちらはオリーブオイルたっぷりでした。笑

極め付けに、「軽いでしょ?」と言っていました・・・。



それで、呟いてみたら、私だけじゃなかった・・!




国際カップルの永遠の課題・・食事問題

こればかりはパートナーが悪いわけではなく、文化や育った環境の違いですよね。

特に体調不良時はご飯ができているだけでもありがたいし、文句ばかり言えない。


夫にふと、体調不良でお義母さんに何作ってもらっていたの?と聞いてみました。

実際、おかゆに近いものを食べていたのです!
「ご飯とにんじんを柔らかく煮たもの」と言う定番の料理があるそうですが、『クッソまずいから絶対食べたくない!」
らしい。
実は私も一度食べたことがある(味見程度に)のですが、本当に美味しくなかった・・・・・笑



フランス夫が体調不良の時に食べたもの

反対に私も寝込んでいた夫に何を作れば良いか分からなかったので、直接聞きました。

日本ではおかゆやうどんなんか食べたりするよ言いましたが、どちらもうーん・・おかゆに関してはにんじんのトラウマがあるので絶対に要らないと言う勢い。笑

喉が腫れてしまっていたこともあり、結局は野菜のスープに小さいパスタを入れたものを作りました。

後半からはもっとがっつり食べたいと言うので、普通に鶏肉を焼いたりして普通の食事でした。
おそるべし・・。


フランス人家族と友人にウケた日本食

フランスの方に日本食は結構ウケていると思います。

私が義家族やフランス人の友人達と一緒に作ったり、作ってあげたりした日本食で喜んでもらえたものをご紹介します。


●ギョウザ (手作り)

餃子って人気ですよね!!パリにはギョウザバーがありますが、流行っていますよ。友人を連れて行ったら「初めてのギョウザ」だったようですが、とても気に入っていました。
軽めなのもパリジェンヌウケがいいのかな。



お酒のおつまみにも好まれるし、みんなで作る工程も楽しんでもらます。皮を閉じる時に、私はものすごい尊敬の目で見られて(その一瞬だけ笑)優越感を感じます。
なみなみを作るのって最初は難しいですものね。
ベジタリアンでもOKなのもまた人気があるのです!



●ラーメン

さっきから中華系ばかりですね。
いや、ラーメンはれっきとした日本ですね!
あのコテコテの豚骨ダメな人も多そうと思いきや、みんな大好きでびっくり!


先日まさかの煮卵、チャーシューを手作りしました。もちろん初めてです!
ただ、ウケてました〜お店で食べたのと同じ!ともで言ってもらえて鼻高い。
(私何を目指しているのか・・)



●肉じゃが

家庭料理の定番、肉じゃが。
お肉とじゃがいもだからよく考えれば間違いない組み合わせなんですよね。
これを気に入ってくれたのは特に義母。
義母も普段使うような素材で「こんなに違う美味しい料理になるのね!」と感激してくれていたのが嬉しかった。

私がよく使うのは牛ひき肉です。じゃがいもにかけるように食べるのが美味しい。



終わりに

海外に来てから日本食の美味しさを改めて実感します。単純に恋しくなりますね。
それをまた、フランスの人たちが好んでくれるのも嬉しいこと。
パリにはたくさんの日本食があるので、割高でも食べられないことはないです!

アジア食材スーパーでも豊富に買えるものがあります。

体が欲したら、やっぱり馴染んできた味を取り入れるのは大切なことですね。

パートナーとは難しい問題ではありますが、日頃から色々な日本食を試してもらうのは好みをお互いが知る上でも必要なことですね。

また、パートナーが体調不良の時はどんなものを食べたいのか、食べてきたのか知っておくといざという時も助かるのでぜひ聞いてみてください!



▼ これは好きな人も多いかも!義母直伝のレシピを紹介しています。
お義母さんから習ったポルトガル料理。イタリアなどでも似たレシピがあるそうですが日本人にも食べやすい!

何より簡単なのが嬉しい家庭料理です。
いつもと少し違うレシピで試されたい方必見◎
www.parisimpleco.life




本日もお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村


プライバシーポリシー お問い合わせ