フランスで現金は要らない?

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

キャッシュレスが進んでいる中で、

フランスでは現金が要るのか?要らないのか?という疑問について在住者がお答えします。

 

結論としては「基本は要らないけど、多少要る」ということです。

 

具体的に必要な場面について書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

フランスで現金は要る?要らない?

フランスで「現金は必要かどうか」というと、

現金は必要です。

 

ただ、ほとんど日常生活ではカード・スマホ決済が主流です。

 

 

フランスは現在も、

クレジットカードやスマホ決済の他に、デビットカードが主流です。

あと、場面によっては小切手も使います!

 

気をつけたいこと

フランスはほぼキャッシュレスなのに、いざというときに現金がないと不便な場面が多々あります。

 

地方や観光地では、特にカードが使えないこともあるため少額の現金を持ち歩くことをお勧めします。

 

でも、持ちすぎるとスリなどが怖いから持ちすぎないようにしたい...。

 

スリ以外にも気をつけたいこととして、

 

大きな金額の紙幣をお店で使おうとすると、拒否されたり怪しまれることがあるので使いづらい。ということ。

 

ユーロで大きな金額の紙幣

500ユーロ札、200ユーロ札は見かけることがないし、使う人も少ない。

偽札もかなり多いためお店で嫌がられる

 

実際に私はデパートやチョコレート店などで仕事をしたことがありますが、

200ユーロ札と500ユーロ札で支払いたいと言われた場合は責任者に相談するというルールがあったほど。

 

偽札かどうかをチェックして問題なければ支払いに使えるという場合もありますが、時間もかかるし結構面倒になことになりそう。

 

もし持っている場合は、小さなお店ではまず使えないと思うので、ホテルなどで使ったりした方がよさそう。

 

 

フランスで現金が必要な場面と場所

フランスではキャッシュレス支払が主流ですが、現金が必要な場面や場所があります。

 

 

小さな個人のお店やマルシェ

 

小さな個人のお店やマルシェでは現金のみの場合があります。

 

マルシェではスタンドによってカードマシンを持っていると、カード支払いは可能ですが予算分は現金を用意しておく方が安心。

 

ブロカント

 

ブロカントなどの個人のマーケットは現金のみということが多いので、あらかじめ準備しておいた方が良いです。

 

▶︎記事を読む:フランスのブロカント、アンティーク、蚤の市の情報


カフェやパン屋さん

 

何€以下はカード不可という場合があります。

パン1~2個だと現金しか受け付けられないこともあり。

 

カフェなどではチップを置いたりするのにも小銭がある方が便利です。

 

 

 

▶︎フランス限定のお土産に!

www.parisimpleco.life

 

公共トイレ

 

デパートや大きな駅でのお手洗いは入場時に、小銭を支払う必要があります。

だいたい50サンチーム〜

 

有料の公共トイレは現金しか受け付けないことが多いし、受付に人がいる場合もありますが両替まではやってくれない場合もあります。

カードでもOKなところもごく稀にある。

 

(2€のコインしかなくて、両替もしてくれないし、電車にも乗らないといけないし、急いで水買って両替したことある..)

 

 

チップ

 

レストランやホテルでのチップとして現金が必要です。

ただし、レストランでは支払い時に多めにカードで払ってチップを上乗せすることもできます。サービスの方に一言伝えて支払いましょう。

 

▶︎記事を読む:フランスのチップ事情


交通機関

 

バス車内でチケットを買う場合は現金ですが、パリ市内のRATPのチケットはSMSで対応することも可能。(キャッシュレス)

 

(パリ市内の駅構内では反対にメトロのチケットなどを買う際に現金が受け付けられないこともある)

 

タクシーでは、カードが使える場合もありますが現金があった方が安心。

 

 

▶︎記事を読む:旅行者もNavigoがあると、便利!

 

 

 

 

フランスの一般的な支払い方法

 カード支払い

 

フランスでは、一般的にデビットカードの使用が一般的です。

スマホやアップルウォッチで支払う人も多い。

 

クレジットカードに関しては、VisaやMastercard 問題ないですが、

アメリカンエクスプレスは受け付けないところも結構あります。

 

支払いの際は「sans contact」と言う非接触で、かざして支払うことが基本です。

 

 

*PINコードを使う場合は、周囲から見えないようにコードを押した方が安全です。

 

▶︎ここに書いていますが、義母が後ろからコードを見られて大変なことになった...

www.parisimpleco.life

 

 

実はいまだに、小切手も使われています。日本で使ったことないので、当初はこんな紙切れで大丈夫?!って思っていました。

 

 

家賃の支払に使うのがものすごく怖かったり、小切手で支払われる給料ちゃんと振り込まれるかな・・・と毎回ドキドキしていました。

 

私は出来るだけ使いたくないですがw、やむを得ない場合は使います...。

10ユーロ前後で少額ですが学校関連の支払に小切手を指定されることもあります。

 

たまにスーパーで時間かかってるな〜と思ったら、年配のマダムが小切手を書いているってことがあります。

小切手支払いには、身分証明を一緒に出してから支払います。

 

▶︎記事を読む:ありえんトラブル 小切手を巡ってブチギレした話

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス旅行 現金とカードの使い分け

クレジットカードやデビットカード、スマホ決済が広く使えるため、

 

現金が必要な場面は少ないですがやっぱり必要な場面も多いので、

多少持っていた方が良い!というのが結論です。

 

▶︎フランスのマナー・タブー やってはいけないことなど

www.parisimpleco.life

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

インスタグラム

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー