パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

育児とエコロジー、家族のことなどを綴っています。YouTuber初心者です。

MENU

【フランスで出産】費用が無料?無痛分娩が多い事情

スポンサーリンク

こんにちは、今日はフランスで出産したお話しです。

•フランスで出産は本当に無料?
•無痛分娩までの流れと出産時の詳細
•出産時のハプニングと大変なこと


フランスで出産&入院費用は無料?

フランスと言うと、医療費無料とか出生率が高いと言うイメージがある方も多いと思います。
私自身は2018年に無痛分娩で出産しましたのでその経験をもとに詳細を綴ります。

そもそも、フランスで出産すると、無料なのか?
結論、人によります

なんだそれ。笑

私の場合はほぼ無料でした。
妊娠から出産までにはいろいろな費用がかかるのでざっとかかった費用を挙げてみます。

・毎回の検診 65€/回
・エコー3回 約100€/回
・無痛分娩の費用(オプション)250€
・入院院費 約120€個室/日

セキュリテソーシャルとミュチュエルで

妊娠期間中にかかる大きな項目は健康保険である程度カバーされ、任意保険(ミュチュエル)でさらにカバーされることが多いです。

フランスの健康保険に当たる(セキュリテソーシャル)では検診費のカバーに加えて出産準備金としての手当て(当時約950€)が出産前一括で支給されました。
私の場合は夫の会社の任意保険(ミュチュエル)でもほぼカバーされたので実質ほとんど無料でした。
ミュチュエルは会社によってカバー率や内容が異なるので人によってもらえる金額が変わります。私の場合はミュチュエルでは検診費などのセキュリテソーシャルで賄いきれなかった分+産後に€600を一括で受け取りました。
この600€で入院時にかかった費用なども賄いきれました。

費用について詳細を書き留めていたのですが、なぜかというと、妊娠が分かった時にまだ私が健康保険証を受け取れておらず(そんなことある?!)しばらくの間、全て自費で支払い続けていたのです・・。
毎月結講な出費になってしまったので、結講焦りましたが後々精算された金額を照らし合わせると本当にちょうど全部支払われたことがわかりほっとしました・・。
結講レアケースだと思いますが、移住後にすぐに申請して、何ヶ月も待っているのに健康保険証をもらえない状態で妊娠すると、毎月の検診費用などがしばらくは自費で発生すると大変です。。

健康保険(セキュリテソーシャル)で100%賄われたもの

妊婦さんが妊娠全期間で血液検査を受ける必要があり、この費用はセキュリテソーシャルで100%カバーされます。
毎月の血液検査の結果は先生との検診時に提出していました。
フランスでは妊婦さんのトキソプラゾマ症の検査が必須なのでそのためなんですよね。
これも余談ですが、予約なしでラボに行くことはできますが空腹状態でないといけないのが妊娠中辛くて(笑)、朝イチでパン屋さんに行ってから検査してもらい、終わってすぐパンを頬張っていました。

こんなものも保険でカバーされました

妊娠時に摂取する方も多いと思いますが、葉酸や鉄分なども先生から処方箋をもらって薬局で買う際は同じく100パーセントカバーされます。

そういえば妊娠5ヶ月で日本へ渡航したのですが、機内のむくみは妊婦さんは特に気をつけないといけないということで、産婦人科の先生が着厚ソックスの処方箋を書いてくださって薬局へ取りに行くと(半信半疑でしたが)好きな色だけ聞かれて、本当に処方してくださいました!

出産と入院費

検診と出産は同じ病院でしたが、私が通ったクリニックが私立病院だったので、実際検診や入院費は全て健康保険ではカバーされないのですが、任意保険でまとまった金額が出産費用として後日支給された(約600€)ので、そこでカバーし切れました。

フランスでの出産は無料!と言われていますが、公立病院の場合は全て健康保険でカバーし切れますが、私立は病院によって実は費用が異なるので予め確認された方が良いです。

出産に限らず、費用面以外にも病院選びは一人でも通える範囲かどうか、と言うのもとても大事です。
私は当初、少し遠方の病院まで電車やバスで向かっていましたが、お腹が大きくなるとかなりしんどいので結局家の最寄りのクリニックに通うことにしました。
ただし、パリでは人気クリニックはすぐに予約しないと出産できないほど競争率が高いようです。

フランスで無痛分娩が多いわけ

フランスでは8割以上の人が無痛分娩を選択すると言われています。
私は出産時、陣痛が始まった段階では自然分娩で行くつもりでしたが、途中から無痛分娩の処置をしてもらい、結果その1時間後くらいに無事に出産しました。出産自体は5時間でした。

無痛分娩できるか事前面談が必要

フランスでは無痛分娩できるかどうか、事前に麻酔医師と簡単な面談があります。アレルギーや過去にかかった病気などを聞かれ、面談の結果問題なければ当日麻酔を打つことができます。
私は事前の面談でOKが出ていたので陣痛が始まった頃増井医師の方にはスタンバイして頂いていたのですが、当日もなんとなく自然で産みたいとも思っていました。
ただ!意識が朦朧とするほど陣痛の痛みがやってきたので、無痛分娩をして欲しいとお願いしました。要は、痛過ぎて心折れたのです・・。
麻酔の処置をしてもらったあとはだんだんと陣痛の痛みが収まって、夜中だったので陣痛が来ている状態でもうとうとして仮眠ができるほどでした。
 

無痛分娩のデメリット?

いざ出産の瞬間になると、問題が起きてしまったのですが、それは自分では息んでいるのに力がお腹に入らないと言うことでした。
看護師さんに全然ダメ!と怒られるほどでした。「あなた、母親講習受けなかったの?!」と結構きつめのフレンチジョーク!

いやもしかしたら、本気だったかな・・。
しかも講習にはちゃんと参加して呼吸法の練習したのに。
無痛分娩で懸念されるのは力を入れても感覚がないのでなかなか赤ちゃんが出てこられないことです。
助産師さんが都度、「今!力を入れて!」とタイミングを教えてくれていても、なぜか喉あたりにだけ力が入ってしまってこずってしまいました。
途中で現れた先生に言われて一旦深呼吸した後に再開したら、スッと出てれくれて無事に出産できました。


無痛分娩と社会復帰

出産時はいろいろ怒られましたが結果、無痛分娩での出産をして良かったと思っているのですが、麻酔をしてもらってからうまく効いてくれたので陣痛の痛みが和らいで出産に臨むことができました。
産後もあらゆる痛みと戦うことになると思うのですが、立ち上がったり移動するのがあまりに普段のように歩けている!と義姉(自然分娩経験者)が驚いていました。
確かに言われてみれば、無痛分娩をしたことは疲労度が違うのかも、と思っています。何せ他の経験がないので自分では比べられないのですが・・。

自宅に戻った後も、私の母や妹がラインの画面越しに早速洗濯などをする私を全力で止めていましたが、正直体がしんどい、とはあまり思いませんでした。眠さはずっとありましたけれど。
実際身体にはよくないと思うのでおすすめはしませんが、フランス女性達は産後2ヵ月で社会復帰する人も多いように無痛分娩選択には体への負担軽減というのは結構大きい要因なんだと思います。

出産時のハプニングと大変なこと

妊娠が分かってから出産まで本当に大変だったことまず、フランス語環境で検診、出産することでした。
医療用語は普段使うこともないので馴染みもなく、それぞれ覚えるのに苦労しました。
検診の時は事前にメモや携帯に意味を書いておいたりしていました。時々英語で教えてくれる先生もいらっしゃいました。

陣痛の痛みで思考停止

出産時は陣痛の痛みがマックスの時、ついに何を言われているか全くわからなくなってしまいました。疲れているとフランス語が聞き取れない(スイッチオフされるような)ことが時々ありますが、夫曰く陣痛の痛みに耐えていた時によくわからないことで「Oui」と言って適当な返事してたからこれはやばいなと思ったと言われたほどです・・。
出産時自体はもうやるしかない!と言う状況で言語についてなんて考えていられませんでしたが

夫に起きたハプニング

無痛分娩の処置の際にまさかのトラブルが起きたのですが、私ではなく夫が気絶しかけてしまいました。
と言うのも、背中に刺す麻酔針を見て夫が気分が悪くなってしまったようです。
私は動いちゃいけないと言われていたので後ろの方で何が起きているかもわからなかったのですが、「ムッシュー大丈夫ですか?」と聞こえたかと思えば、「外で休んでいなさい」と看護師さんに連れられた夫がいたのでびっくりしました。
しばらくして戻ってきたので出産自体には立ち会えたのですが。まさかのハプニングでした。

お祝いムードが辛い、産後は休めない・・

もう1つは出産後が大変過ぎたことです。
無事出産し、入院をしていました。入院自体は3日間だったのですが、出産翌日が土曜日だったこともあり面会時間の間中ずっと家族がお祝いに駆けつけてくれていたおかげで少しも休めませんでした(怒)
結構フランスのあるあるだと思うのですが、お祝い事なのでとにかくみんな来てくれます。
ありがたい反面、何時間もずっと居座る義家族たちには本当に困りました。
前日から夜中の出産で眠いし疲れているし。
出産時の話は一生忘れないと言いますが、今でも鮮明に思い出せますよ(怒)
そういえば看護師さんが、みんな休ませてくれないからと初日は面会NGと病院から言われていると言っておきなさいとアドバイスしてくれたのですが、まさにその通りでした。
だって、入院期間中こそ休める唯一の時間ですよね。
これは身の安全の為にもみなさんぜひ参考にしてください。

終わりに 「お腹を痛めて産む」ことについて

私の出産話はこのような感じでした。
フランス人は痛みに弱いとか言ったりしますね。
一方日本では「お腹を痛めて産む」ことに重きを置いている人も多いように感じます。
フランスの助産師さんや産婦人科医が「痛くなくても生まれた子は可愛いのよ」と毎回言われていたので、確かにそりゃそうだと妙に感心したりしました。

いずれの方法にせよ、母子ともに健康で赤ちゃんが誕生することが一番です。
そして痛みに耐えて出産をする女性達にとにかく敬意を表します!!
出産には各ご家族でストーリーがありますよね。
私の経験が少しでもみなさんにとって参考になったら嬉しく思います!

www.parisimpleco.life

最後までお読み頂きありがとうございました。

www.parisimpleco.life


▼2歳になった息子とおうち遊び&お手伝い(おもちゃなしでできる!)
www.youtube.com


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー