MENU

フランスで初めての10年ビザ(永住権)申請の為にTCF IRN受験

みなさん、こんにちは。今日はフランスで10年ビザ(永住権)申請の為の語学テスト受験のお話しです。かなりマイナーなトピックですがwビザ更新が必要な私達にとっては重要なことですよね。

 

● 10年ビザ申請の為にTCFを受けてきた 

● TCF IRNのテスト内容とは?

●  フランスの初めての永住権申請に必要な語学力

 

今回、私は初めての滞在許可更新をしているところです。(かれこれ半年以上前から!)

滞在許可の種類はフランス人配偶者ではなくヨーロピアン配偶者というものです。

滞在許可申請・更新手続きについてもこれまでに記事を書いていますので、必要な方はぜひご覧になってくださいね。

 

フランスで10年ビザ申請のためのTCF IRN受験

フランス移住から5年が経過し、2022年初めに滞在許可更新申請をしました。

2022年11月現在も更新は終わっておらず、つい先日、追加で提出書類の依頼があったところでした。

かれこれ半年以上レセピセを更新しながら滞在している状態です。(3ヶ月有効なものを2回更新した..)

プリフェクチュールから語学証明証の提出依頼があった時点で有効な資格証明証がなく、取り急ぎ試験を受けられるところを探して何とかテストを受けることができました。

TCFのテストは一般とは違いTCF IRNという滞在許可や帰化申請のための専用テストでした。一般のテストも受けたことは遥か昔にありましたが、内容が異なっていた為その違いについても追って綴っていきたいと思います。

 

テスト申込⇨テスト当日まで5日!

一般的に語学テストの日程はかなり限られているため年内の受験は無理かと思ったのですが、意外にもささっとテストを受けることができて、その場で大体の結果を知ることができたので一安心です。現在は証明書を待っている状況です。

 

10年ビザを初めて申請する為の語学証明

フランスで10年ビザを初めて申請する為には、各種書類の他にA2以上の語学力を証明する必要があります。2018年から始まった比較的新しいルールのようです。

 

個人的には今年初めの滞在許可更新時点で直近の語学証明証がなかったため提出しませんでしたが、半年経ったつい先日「フランス語A2以上の語学力を証明できるもの」が追加の提出書類として依頼されました。(何で今!)

つまり、私は今回10年ビザがもらえるかもしれないということ!?と思い、急いで語学テストを受けられるところを探しました。

正直、初めての更新で前回は初回で5年の有効期限だったため、10年はまだ先なのかなと思っていましたが、もしかしたらもらえるのかも。(不確かですw)

(帰化申請の場合はB1以上必要だそう)

 

▶︎フランス人配偶者ではなく、EU市民の配偶者というカテゴリーの滞在許可を持っています

www.parisimpleco.life

 

フランス滞在許可更新のに有効な語学テスト

プリフェクチュールで求められる「語学力を証明する書類」というのは、語学学校の修了証明ではNGです。(友人がダメだと実際に言われたらしい。)

フランス政府公認のテストが有効です。

 

公式なテストとは、

・DELF

・TCF

上記のテストでA2以上であれば滞在許可更新の為には問題ないレベルということです。

また、すでにフランスの大学などの高等教育のディプロムを持っている場合は語学証明は不要です。

 

【時間があればDELFがおすすめ】

DELFは資格を一度取得することができると、ディプロムとして扱われて有効期限なく、語学証明として公式に使うことができます。

 

▷DELF受験の特徴:

・4,9月以外は毎月受験可 (申込みは1ヶ月前までに)

・フランス、日本、その他の国で受験可

・合格すればディプロムとして有効期限なく保持できる

・専用問題集またはDELF対策コースを終えてから受験した方が良い

・価格が場所と受験レベルによって異なる 100~185ユーロ

 

DELF受験の詳細

Informations pratiques pour les candidats au DELF-DALF | France Education international

 

▷TCF受験の特徴:

・一般とTCF IRNがあり、IRNは滞在許可用・帰化申請用のテスト

・IRNはB1レベルまでの出題範囲

・フランス、日本、その他の国で受験可

・語学学校などで頻繁に受験可能で受験期間が1週間ある

・オンラインテストは数日前まで申込可

・正解したポイントでレベルが別れている

・資格は2年間有効

 

TCF受験の詳細

TCF - Intégration, Résidence et Nationalité | France Education international

 

TCF IRNを受験 申込〜受験 

一般のTCFは数年前に受験したことがありました。英語のTOIECのように正解したポイントが資格になり、ポイント数が語学レベルに分かれています。

 

今回は取り急ぎパリで受けられるテストを探しており、DELFは間に合わず、TCF IRNを見つけてすぐに申込みました。しかも仕事の都合もあうところが運良く見つけられた。

発見⇨申込⇨受験まで5日!(土日含むw)

あまりに淡々と進んだので詐欺とかではないかと怖かったのですがw、受験先を見つけるにはフランス政府のFrance education nationalの公式サイトを使うと、全世界の公式受験先を調べることができるので安心です!w

 

▷TCF・DELFの公式受験先を見つけるには 

Centres d'examen | France Education international

 

試験結果は3〜4週間後に証明書を貰えると聞いていますが、結果の一部はその場で知ることができました。

TCF IRNの試験内容

試験は1時間15分くらいと言われていましたが、テスト時間以外の本人確認・説明・待ち時間などを含め3時間弱かかりました。元々4時間と記載されていたのでw早く終わった方でした。要領の悪さは想定できていたのでイラつかずに済みました。w

 

テスト内容は4つに分かれていました。

私が今回受けたのはTCF IRN のオンライン版でした。En papierの方はすでに締め切りになっていたので受けていません。

オンラインと言っても受験したのはパリにある語学学校内のPCを使いました

 

リスニングテストのためにヘッドフォン持参するように(Bluetooth不可)言われていたらしいのですが、私がもらった案内には書かれてなかったwため、学校から借りました。借りれないと困るので要注意です。

 

TCF IRNテスト内容

【オンライン】

①Compréhension orale : リスニング (選択)

②Compréhension écrite : グラマー など (選択)

③Expression écrite : ライティング 3問のみ/30min.

【対面】

④Expression orale : スピーキング  3問/10min. (面接官との会話)

 

Le TCF IRN est composé de 4 épreuves obligatoires évaluant les compétences en français langue générale :

  1. Compréhension orale : Épreuve collective : 20 questions à choix multiple (4 choix de réponses, une seule réponse correcte)
  2. Compréhension écrite : Épreuve collective : 20 questions à choix multiple (4 choix de réponses, une seule réponse correcte)
  3. Expression écrite : Épreuve collective : 3 exercices
  4. Expression orale : Épreuve individuelle en face à face avec un examinateur : 3 exercices

Le TCF IRN évalue exclusivement les compétences linguistiques et non les connaissances en matière d’histoire, de culture et de société française.

Le TCF IRN à une durée totale de 1 heure 15 :

  • Compréhension orale : 15 minutes ;
  • Compréhension écrite : 20 minutes ;
  • Expression écrite : 30 minutes ;
  • Expression orale : 10 minutes.
 

引用:TCF - Intégration, Résidence et Nationalité | France Education international

 

TCF IRNは一般に比べてレベルが簡単に作られています。一般の場合、各パートの後半につれて難易度があがりますが、IRNの方はB1までのレベルで作られています。

ある程度フランス語ができる方はどのパートも緊張することなく受験できます。

 

せっかく受験するのでTCFの問題をいくつか練習しました。リスニングと文法に役立つのはTV5 mondeのサイトです。

TV5 Monde

一般のTCF向けに作られているので一般を受験したい方にももちろん役立ちます。

 

一般TCFでは受けたことのなかった③と④には少し驚きましたが、レベル的には難しくなかったので初めて受ける方もある程度フランス語がわかれば問題ないです。

 

③文章作成 3問 / 30min.

問題の内容:友人からメッセージが届いた設定で、それに返信を書くもの。

1.  新しい図書館にはもう行った?どんな感じ?40 mots mini-90 mots max

2. 昨日のスペクタクルはどうだった?(内容・良かった点・詳細など)40 mots mini-90 mots max

3. あなたの好きなパーティとその理由(誕生日会・クリスマスなど)90 mots mini-120 mots max

と言った内容でした。

30分間あれば十分間に合いますが、文字数制限があるので注意です。

 

④スピーキング(面接) 3問/10min.

語学学校の先生?が面接官として1対1の面談テストを行いました。

会話内容は録音しており、後に試験のセンターに送るためだそうです。

 

こちらもある程度日常会話ができる方であれば、難しい問題ではないです。

面接官の方も優しい感じでリラックスしてできました。

 

・自己紹介...時々面接官から質問され、答えた

・お題:旅行代理店のお客として希望を伝え、面接官が代理店の係をするロールプレイの会話

・お題:好きな都市とその理由を1人で話す。一つでもいいし、複数でも良いとのこと。

 

面接官との会話とはいえ、自分が意見を伝えることが必要。面接官は時々趣旨と離れそうになるとうまく導いてくれたり、途中で質問をしていい感じに進められるようにしてくれた。

 

テストの結果はいつわかるのか?

TCF IRNについてですが、証明書は3〜4週間後に受け取ることができるということです。今回私が受けたオンライン版はリスニングと文法問題のポイントが試験終了時にすぐに出ました。つまりレベルもそこで表示されていました。

ライティングとスピーキングは採点がされて、後日結果がわかるというものです。

 

私の場合、バタバタと直前になってテストを受けていたので、みなさんは余裕を持って受験されることをお勧めいたします。

本日もお読み頂き、ありがとうございました。

 

▶︎2022年年明けあたりから準備して、更新手続きはまだ終わっておりませぬ。

www.parisimpleco.life

 

- インスタグラムこちら

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

>

プライバシーポリシー