パリの片隅でブログを綴る(できるだけシンプルでエコロジー暮らし)

フランス生活、家族のことなどを綴っています。

妊娠中、授乳中の飲み物おすすめレシピ


買い物に出かけたら、桜のような花が満開でした!
道の向こう側だったのですが思わず近くに寄ってみたくなりました。


日本のソメイヨシノより少し小ぶりな花でピンクががった花。
香りも少しありました。

この桜のような花、時々見かけるのですが、まだ正体がわからずそして誰に聞けばいいのか分かりません。笑



でも、少し先取りでお花見をした気分なって嬉しくなりました!

同時に花粉と闘っており、昨日はかゆみの他に後頭部全体の頭痛もありかなり辛い日でもありました…

数時間おきに飲んで症状を和らげてくれたのは「蓄のう症」用のハーブティーです。
薬は摂りたくないのでこういった時にハーブティーは強い味方です。


どんなハーブが入っているかはこちらをご覧になって下さい。
www.parisimpleco.life




さて、前置きが長くなりましたが妊娠中、授乳中の方は何かと制限が多いですね。
飲み物も限られてきてしまうのですが、水分補給はとても大事。



妊婦さん、授乳のママも飲める定番のものから少しアレンジしたものまで私が実際に飲用したものをおすすめします!



カフェインを控えたい、アレンジレシピが気になる!という方もぜひ読んでくださいね。



ハーブティー(ティザンヌ) とアレンジレシピ

ルイボスティー

南アフリカから来るルイボスティーはクセがなく食事などにも合うので比較的飲みやすいハーブティーです。
豆科の植物で、もちろんノンカフェイン。

美容効果も高い為「不老長寿のお茶」としても有名です。


優しい香りを楽しむ為にも煮出しがおすすめですが、もっと簡単にパックなどでお湯の中で抽出させるだけでも十分です。


なによりお茶などと違い、置いておいても濃くなりすぎたり、苦くなったりしないので放って置いて大丈夫なのです。笑

赤ちゃんが生まれると、自分のことがどんどんと後回しになっていくので、簡単に済ませられるということがとても大切なことだったりします。



★アレンジ レシピ

「フルーティールイボスティーを楽しむ方法」
→りんごやオレンジをルイボスティーと一緒に浸けておく。

りんごの皮だけでもかなりフルーティーに変わります。

マルシェで買うりんごは形も色も100点ではないのですが、ものすごく美味しい!
それを知ってからこればかりです。



フルーティールイボスティーはホットもアイスでも楽しめます。



カモミールティ

※妊娠初期の方、キク科アレルギーの方は念のため避けて下さい。


ジャーマンカモミールは優しいリンゴのような香りでリラックスできる、身体を温める、PMSを落ち着かせてくれると言った女性に優しい万能なハーブティーのひとつです。
ローマンカモミールは苦味が強めです。

実は私は以前はあまり得意ではなかったのですが、ある時から突然好きになってきたのです。



出産後、やはり飲み物に困り、そして慣れない育児で疲れていました。

たまたまカモミールを久々に口にすると、すごくホッとしたのですが同時にとても驚きました。


ふと、以前パリのフィトテラピーのアトリエで先生が仰っていたことが思い出されました。


「身体に必要のないものは不味く感じる、そして身体が必要としているものは美味しく感じる」


と言う言葉でした。


ハーブティーは強い効果ではないものの少なからず身体に変化を与えます。

カモミールの安らぎが必要だったと言うことでしょうか?笑

最近は息子が眠った後夜に飲んでいます。
リラックスしたいときに摂りたいハーブティーですね。



フランスでは夜寝付きの悪い赤ちゃんにうすーくしたカモミールハーブティーを飲ませることがあります。


★アレンジ レシピ
カモミールティーが少し苦手という方もこれを試してみてください!」

カモミールミルクティー

これなら飲める!と苦手だった頃にフィトテラピーの先生から教わったレシピ

カモミールをホットミルクで抽出するとミルクティーのようになります。
はちみつを加えもなお美味しい。



まだ少し冷え込む夜に身体も温めてくれて、リラックス効果も高く眠りの質を高めてくれるのでおすすめです。


★アレンジ レシピ2
「朝でもカモミールを飲みたい時はミックスがおすすめ」
カモミール×ペパーミント

カモミールは安らぎを与えてくれる分、眠気を誘います。


朝飲んでしまうと活動しづらいと思うのですが、シャキッとさせてくれるのはミントの力です。
この2つはよく合うのでぜひ試してみてください。

コーヒー党の方にも朗報です

私はコーヒー好きなので、妊娠中と授乳中(現在終盤)に飲めないのが結構辛かったです。
(1日1〜2杯ならば問題ないと言われています)

コーヒーを飲んだ気分!を味わえるのがこちら。



大麦などのセレアルとイチジクが入っておりフルーティーさも感じられます。


本物のコーヒーの味とは正直言えないのですが、香ばしい香りがあり、カフェオレにしても美味しいです。

コーヒーを飲んでいる気分になります!


お好みで濃いめに作ってももちろんコーヒーではないので安心です。

甘いものとの相性も良いので食欲旺盛だった妊娠中は結構ハマってしまいました!


カフェ文化のイタリアでのお話はこちらです!
くらり様いつも拝読しています!

kimamanote.hatenablog.com



おわりに

妊娠中、授乳中の皆さま、何かと制限が多いかと思いますが少しでもストレスなく食事も飲み物も楽しみたいですね。

いつも同じ飲み物ばかり飲むと飽きてしまうので、色々なアレンジを楽しみながら限られた時間をお過ごしくださいね。

皆さまにとって何かヒントになれば幸いです。


本日もお読み頂きありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村




にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ