【パリプラージュ】人工砂浜のセーヌ川でバカンス気分

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

今日は、夏のパリの風物詩Paris plage(パリ プラージュ)のお話しです。

 

 

・パリ市内に人工ビーチが現れる!

・イベント盛りだくさん400万人動員

・オリンピックイヤーはどうなる?!

 

 

例年パリジャンは夏休みでパリ不在、観光客が爆増する時期に現れるのが、

パリプラージュ。

 

初めてセーヌ川の橋の上から、ここがパリプラージュかぁと見てみたら、

 

ビキニのマダムがまるで海辺のように寝転んでくつろいでいたので

結構ショッキングだった思い出!w

 

 

 

意外にもたくさんのイベントが開催されており、

セーヌ川以外にも2箇所が「パリプラージュ」として、家族向けにもイベントを開催しています

 

 

 

特に2024年は、オリンピックイヤーということもあり、

オリンピックにちなんだスポーツイベントなどが特別に開催されます。

 

見どころや開催場所を紹介していきます。

 

 

 

 

 

【2024】パリプラージュ セーヌ川でバカンス気分



パリプラージュは2002年から始まった夏のイベントです。

 

 

セーヌ川沿いでは、本物の砂が敷かれており砂浜のような気分を味わえたり、

子供も楽しめるイベントやカフェなどの設置があります。

 

 

旅行者も地元の人も楽しめる空間になっています。

パリプラージュとは?

 

パリプラージュは、セーヌ川沿いの一部がまるで海の砂浜のようになる夏季限定のイベントです。

 

会場はセーヌ川沿いとヴィレット運河に加えて、

2024年は10区のサン・マルタン運河も新たにパリプラージュになります。

 

 

セーヌ川沿いでは、ノルマンディーの砂浜から持ってきた本物の砂が敷かれます

(年によってはなかったりするw)

 

 

パリプラージュができた理由

 

2002年に誕生したパリプラージュですが、

夏休みになるとフランスの地方都市(特に海辺)へパリジャンが大移動するものの

 

パリ市内は観光客と取り残された住人だけになり、

蒸し暑いパリの夏のアクティビティのために作られた。

 

な、なんて理由なの!

 

確かに7月の革命記念日〜8月中はパリジャンがかなり減って街中は人が少なくなります。

 

 

 

禁止されていること

・トップレスの日光浴

・セーヌ川で泳ぐ

 

そりゃそうだ!!

 

オリンピックのために、大臣や市長が

飛び込んでいたのは安全確認のためですよねw

 

 

オリンピックイヤー

今年のパリプラージュは特に特別です。

 

2024年はオリンピックの開催年であり、パリプラージュもそれに合わせて大規模に拡張されます。

 

 

期間:7月6日〜9月8日

場所:ヴィレット運河、サン・マルタン運河

 

 

 

セーヌ川沿いのパリプラージュはオリンピック終了後に開催されます。

期間:8月6日〜9月8日

場所:セーヌ川沿い

 

 

 

▶︎在住者によるリアルなオリンピック情報はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

パリプラージュはどこで開催される?

 

①サン・マルタン運河の新設会場:

 

 

サン・マルタン運河では、特設の水泳エリアやリラクゼーションスポットが設けられ、市民や観光客が涼を求める場所として利用できます。

 

また、ジャック・ヴィルマン広場周辺ではファミリー向けアクティビティも設置されます。

 

⇨ワークショップ、ゲーム、クイズ、ペタンク、ダンス教室などが開かれます。

 

 

 

②ラ・ヴィレット運河:

 

 

トランポリンや公園、ベビーフット・図書館などのエンターテイメントも用意されており、多様な楽しみ方が可能です。

 

イベント:水泳、カヌー、カヤック・ポロ、スタンドアップ・パドル、ペダル・バイク、小型ボート、ハワイアン・ピローグなど

 

 

 

バサン・ド・ラ・ヴィレット水泳場では

毎日午前11時〜午後9時までプールが無料で開放

 

 

▷さらに詳しく

ラ・ヴィレットのイベントの情報(パリ市ウェブサイト)

 

baby foot

 

ボードゲームコーナー、図書館など充実したアクティビティ◎

 

 

 

③セーヌ河岸:

 

オリンピックがあるため、他の2会場に遅れて開催されます。

セーヌ河岸では様々な文化的イベントやスポーツが楽しめます。

 

特にオテル・ド・ヴィルの前庭に設置される大会テラスは、

多くの人が集まる場となり、パリプラージュの中心的なスポットとして機能します。

 

パリ市民も観光客も、ペタンク、巨大ゲーム、テーブル・フットボール、体操、球技などを楽しむことができる。

 

 

 

▷パリ市によるパリプラージュ情報はこちらから

 

 

www.parisimpleco.life

 

 

セーヌ川で泳ぐ?!無料プールが設置

セーヌ川は泳げるかどうかが度々議論になりますが、

よくセーヌ川を見る人はわかると思いますがとても泳ぎたいとは思えない...。

 

夏の間はパリ市内の複数の場所で、無料プールが設置されてその中で、安全に泳ぐことができます。

 

 

▷パリの無料プールはどこにある?

 

 

 

▶︎市長が泳ぐ!と張り切っていたけども...?

www.parisimpleco.life

 

 

 

 

オリンピック2024とパリプラージュ

オリンピックが開催されるにあたり、パリ市内を聖火ランナーが通ります

歴史的イベントが楽しみな一方で、交通規制や混雑などには十分注意してくださいね

 

 

 

 

 

パリプラージュ付近で行われるイベントです。

 

・7月14日: オリンピック聖火リレーがジャンマペス通りを通過


・7月26日: オリンピック開会に合わせて、聖火がヴィレット橋とサン・マルタン運河を通過

 

・8月1日~4日: 自転車ロードレースがパリプラージュの一環として開催され、ポン・ルイ・ブランを通過

 

 

▶︎パリの街で行われるオリンピックには交通規制がすごいので、情報を集めてからお出かけしましょう

www.parisimpleco.life

 

▶︎日差しが強い日はサングラス必須!子供たちはできるだけ早い年齢から着けてもらおう

www.parisimpleco.life

 

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

インスタグラム

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー