何歳から子供にサングラスが必要なのか?

当ブログではプロモーション広告を利用しています

 

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

今日は子供のサングラスのお話しです。

 

フランスにいると、

子供たちもよくサングラスを着けているのを見かけます

 

 

ベビーカーで寝ている赤ちゃんもサングラスしている

 

かわいすぎっ♡

 

 

ヨーロッパの人たちはサングラスを着ける人は多いし、

赤ちゃんや子供も着ける習慣があります。

 

 

目の色素が薄いからとはよく聞きますが、

基本は目を守るためというのが理由です。

 

 

赤ちゃんのうちから当たり前に着けておくと

嫌がらずに着けてくれるとママ友が言っていました。

 

子供によるとは言え、確かに家族が着けていたり、小さな頃からの着用習慣があると子供も着けることに抵抗がなくなりそう!

 

 

私の息子も小さな頃から使っているので、

夏の天気がいい日は特に嫌がることなく着けていますw

 

 

海や山などの場所に限らず、

パリなどの街中でも日差しは強いので目を守ることはもちろん、

眩しさからも解放されます。

 

 

この記事は、

・フランス在住8年目 

・日傘文化がないのでサングラス&帽子をしている

Yocoが書いています。

 

 

 

 

何歳から子供にサングラスが必要なのか?

 

 

フランスなどのヨーロッパでは、大人も子供もサングラスを着用する習慣がありますよね。

 

 

おしゃれのためという人もいると思うけど、

子供に関しては目を守るため。

 

 

子供のサングラスってフレームがカラフルだったり、丸い形やお花型?など、

子供のサングラス姿可愛すぎません?

 

 

公園などで駆け回る子供たちはもちろんですが、

ベビーカーの中でおとなしく赤ちゃんもサングラスを着けているのが

悶絶するほどかわいいw

 

 

まさかの、

0歳からサングラスを着ける習慣があります。

 

 

子供のサングラス着用はできるだけ早い方が良い

子供にサングラスを着用させるのは、

できるだけ早い時期から始めるのが理想的です。

 

 

赤ちゃんの頃から使用することをおすすめします。

 

 

【理由】

 

・目の発達段階

赤ちゃんの目はまだ発達途上であり、紫外線の影響を受けやすい。

早期から保護することがおすすめ。

 

・習慣化

幼い頃からサングラスを着用する習慣をつけることで、

成長しても自然に着用習慣が身につく

 

 

 

 

⇨我が家も息子に赤ちゃんの頃から特に夏の天気の良い日は着けさせています。

現在も着けることに特に抵抗はなさそう!

 

 

 

【年齢とサイズ】

*0歳〜2歳: 赤ちゃん用のソフトで軽量なサングラスを使用


*3歳〜5歳: 幼児用サングラスを使用

 

*6歳〜10歳 / 11~12歳: 学童用サングラスを使用

 

 

子供サングラスは成長に合わせたサイズのサングラスを選び、

フィット感を確認することが重要。

 

サイズ選びは上記の年齢の区切りを目安に、お子さんと実際に着用して決めてみてください。

 

フランスの幼稚園では、暑い日のお出かけに「帽子、サングラスなどで暑さ対策できるものを持たせてください」と連絡がある場合があります。

 

⇨学校によっては、サングラスはフレームが危ないので禁止というところもあります。

 

 

 

 

 

子供サングラスを選ぶポイント

・UVカット機能

 
子供用のサングラスを選ぶ際にUVカット機能のあるものを選びましょう。

子供は地面に近いから日の照り返しも大人より受けやすいと言いますよね。

できるだけ子供が安定して着用してくれるものを選んで、着用習慣をつけましょう。

 

 

- 100% UVカット表示の確認
- 信頼できるブランドの選択

 


子供が嫌がらずにサングラスを着け続けられるよう、

フィット感とデザインも重要です。

 

- 軽量で柔軟なフレーム
- 子供が好むデザインやキャラクター
- 調節可能なストラップ付き

 

子供が気に入るカラーやデザインだと使ってくれる確率が上がる!

 

 

 

 

 

 

【フランス発】おすすめの子供用サングラス

フランス在住の筆者も実際にパリなどの街中で最も見かける2大ブランドを紹介します。

 

子供用とは言っても、カラーバリエーションやフレームの選択肢も多いし、おしゃれ!

子供が気に入ってくれるものを一緒に見つけたり、家族で一緒に着けるのも良いかも。

 

 

IZIPIZI イジピジ  


パリ生まれのIZIPIZI(イジピジ)

サングラスは、赤ちゃん〜大人用まで展開している眼鏡ブランドです。

 

子供用はカラー豊富でフレームも丸みがあり可愛い!

赤ちゃんや小さな子供には、シリコンバンドを着けることでしっかり固定して着用させることができます。

 

100% UVカット& 軽量なのも◎

子供用サイズは年齢に合わせて細かく分かれています。

 

【子供用サイズ展開】

・0~9ヶ月

・9~36ヶ月

・3~5歳

・5~10歳

・11~16歳

 

ここが良い!

 

*おしゃれなデザイン
*家族で着けられる/ 0歳用〜

*環境に対する取り組みも積極的

フルカーボンバランス

2022年のメガネ1組あたりの二酸化炭素排出量は1.58kgのCO2で、2019年と比較して47%減少しています!

 

IZIPIZI日本 ウェブサイト

 

▶︎0~9ヶ月/9~36ヶ月用

 

 

 

▶︎3~5歳

 

▶︎5~10歳

 
 
夏のセール価格で購入するのがおすすめ!
 
 
 
 
 

Ki ET LA キエラ

Ki ET LA(キエラ)はフランス生まれの子供向けアイウェアブランドです。
子供サングラスは特に定番アイテムで筒形のケースで売られているのをフランスではよく見かけます。
 
サングラス以外にも、UVカットの帽子や服、大人用サングラスも展開しています。
 
※日本のサイトでは「キエトラ」と書かれることが多いようなのですが、
フランス語の発音はtを発音しないので、キエラと言います。
 
 

【子供用サイズ展開】

・0~12ヶ月

・1~4歳

・4~9歳

・9~16歳

 

 

ここが良い!

*サングラスのフレームのチョイスも多い
⇨くま耳型、らいおん型など豊富で可愛い!
 
*「壊れないサングラス」と言われており、フレームはぐにゃりと曲げられる柔らかい素材でできている
 
*筒形ケースも可愛くて、ギフトにもピッタリ
 
【楽天で取り扱いあり】売り切れが多くなってきています
 
 
▶︎0~2歳 / 2~4歳

 
 
▶︎4-6歳 / 6−9歳

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

サングラス着けたがらない子供に着けさせるには

 

*楽しい体験にする


子供にサングラスをかけさせるのは、最初は難しいかもしれません。

楽しさを加えることで習慣化しやすくなります。

 

- お気に入りのキャラクターや色を選ぶ
- 家族でサングラスをかける
- サングラスをかけた楽しい時間を過ごす

 

*褒めて励ます


子供がサングラスをかけたときは、褒めてあげることも重要!

ポジティブなフィードバックが続けるモチベーションになります。

 

 

息子は3歳くらいの時に、近所のメガネ屋さんで好きなものを選ばせたら、

こげ茶っぽいベーシックなサングラス(ウェリントン型)を選んでいました。

 

渋いチョイスだな〜と思ったのですが、

夫がそれを見て「ママと同じじゃん!」と言っていました。

私が使っているものと似たデザインのものを選んでいて、なんて可愛いんだと思いました。

 

が!その後は好みも色々出てきて、今はブルーのフレームのものばかり使っています..w

海用に買ったものだったけど、日常用でも使っています。

 

 

 

夏は暑さ対策に加えて、目を守るためにもぜひサングラスを活用してみてくださいね。

 

▶︎大人のメガネ・コンタクトは無料で作れる場合があります

www.parisimpleco.life

 

▶︎暑すぎる時の自宅での過ごし方

www.parisimpleco.life

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

インスタグラム

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー