MENU

【フランスのイベント】お菓子の誘惑が多い!

みなさんこんにちは、今日はスイーツのお話しです。

フランス生活の歓びと言えば、おいしいスイーツに囲まれていること。

有名店でなくとも、近所のパン屋さんで買うパティスリーがもう美味しかったりします。

そう言えば、イベントごとに食べるスイーツも多いのでまとめてみました。

 

●年始からスイーツ食べるイベント多め!

●おやつタイムは16時

●バレンタインにはこんなものを贈ります

 

特に年明けから甘いものを食べるイベントも多い!カロリーが気になりますっ。

 

 

 

【フランスのイベント】年始からお菓子の誘惑が多い!

一年でご馳走を食べまくるクリスマスが終わると、新年の運試しにガレットを、1ヶ月後にはクレープを!バレンタインもあるし!!チョコレートは何だかんだ通年ですが、大量に食べる時期があります。

 

・ガレット・デ・ロワ...1月

・クレープ...2月

・チョコレート...2月, 4月, 12月

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

shimaa(@amihs03)がシェアした投稿

 

1月のスイーツ ガレットデロワ

1月の最初の日曜にガレット・デ・ロワ(アーモンドのパイ)を食べて運試しします。

フェーブという陶器の小さなおもちゃが自分のパイに入っていた人がロワ(王様)もしくはレンヌ(王女)となることができます!

子供も大人も喜ぶ年始のイベントです。

 

近所のパン屋さんや有名パティスリーで売られています。食べ比べや可愛いフェーブを集めるという楽しみ方もあります。ガレットの模様もいろいろあって見た目も楽しむことができますよ。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by laetice_pâtisse (@laetice_patisse)

www.instagram.com

 

我が家はあいにく夫がこのアーモンドパイが嫌いで(なんでやねん!)買う機会がほぼないのですがw優しい義弟たちがみんなで食べようと誘ってくれる時もあるので一緒に頂いています。笑

美味しいんですよ!で、我が家は代わりに簡単なアップルパイを焼いています。

 

有名店のアーモンドパイはパイが美味しいことはもちろんですが、フェーブも可愛いのです。で、これナイスだなと思ったのがフェーブの詰め合わせ!粋だな。プレゼントでもらいたいw

f:id:kazokunojikan:20210104224333p:plain

le coffret de 12 fèves Yann Couvreurwww.yanncouvreur.com

Yann Courverさん、ケーキも美味しい。

 

2月のスイーツイベント バレンタイン!ではなくて?

2月と言えば、節分があり、その後にはバレンタイン!ですが、フランスにはクレープを食べる日があるんですよね。

Chandeleur(シャンドラー)と言われているその日はキリスト生誕から40日後の大切な日。2月2日にはクレープを食べると言う習慣があります。クレープにつけるジャムやヌテラ(ヘーゼルナッツとチョコのペースト)が大量にスーパーに並ぶ時期でもあります。

 

キリスト教の祭典に由来する伝統

2月2日のこの「クレープの日」はフランス語でシャンドラー(Chandeleur)というキリスト教の祭典に由来し、日本語では「聖燭節」と訳されます。これは、キリストの生誕から40日後の2月2日にイエスを教会に紹介した日を祝うものです。

なぜクレープが食べられるのか?

ところで、どうしてシャンドラーの日にクレープが食べられるのでしょうか?

一つの理由としては、クレープの見た目にあります。クレープの形と色は太陽を連想させるものであり、暗くて寒い冬に太陽が戻ってくることを象徴しているからです。これはガレット・デ・ロワが丸い理由と同じです。

それに加えて、クレープはあまり材料を必要しない上に前年に挽いた粉を使ってもできるため、次の収穫の際の豊作を願ってクレープを作るからです。このクレープを食べる習慣はフランスやベルギー、そしてフランス語圏スイスだけのようです。

 引用:https://tourismejaponais.com/2017/02/06/chandeleur/

 

 

フランスのバレンタインには何を贈るのか?

バレンタインは実は意外と盛り上がっていないです。笑 私は以前チョコレート店で働いていたことがありました。もちろんバレンタイン向け商品を特別に出す時期ではありますが、売上を見込む時期ではないです。それに比べると日本のバレンタイン商戦ってすごいですよね。一度だけタカシマヤにチョコレートをみに行きましたが買うのも見るのも一苦労してグッタリして帰った記憶です・・。

フランスで言うと、男性から女性にプレゼントをあげる日とか言われていたりしますね。お花やケーキなどを手に持って歩いている人をよく見かける日です。

 在外日本人あるある?バレンタインはプレゼント貰える日

これは日本人と外国人カップルあるあるかもしれないのですが、双方でプレゼントをもらえる日だと思って待っていたら何もなかったってことがありました。

私と夫がまだ結婚前にバレンタイン用に日本からチョコを送ったことがあったんですよ。(なんてこと!笑)高価なものでなくてリクエストのあったMeijiのチョコです。笑

そう言うもんだと思った夫はバレンタインにプレゼントもらう気満々だったんですが、私は「フランスに引っ越したからフランス式で良いよね」と私も待ってたんですよ。

だって実際に最初のバレンタインにはバラをもらいましたから。(しゃらくせーな笑)

で、馴れ合いになってくると笑お互い何も用意しなかったことがありました。笑

翌年は反省して「ケーキくらい買おう」と思ったら夫も同じことしてケーキが4つ!

なんかグダグダです・・。笑

バレンタインデーはチョコに限らず、ケーキも美味しいんですよね。

以前友人が買ってきてくれて美味しかったのが、17区のKL pâtisseriehttps://www.klpatisserie.com/

 

チョコレートを食べる日が多い フランス

前述の通り、某パリのチョコレート店で働いていましたが、フランスでは何かにつけてチョコレートが登場してきます!

4月はイースター (パック Pâque)がありますが、多分子供達に聞いたら「チョコレートをたくさん食べるバカンス」って思っているんじゃないかと思うくらい、そこら中にチョコレートが!!

イースター(パック)の行事で子供達が卵を探すって言うのがありますが、まさに中身はチョコレート。バカンス時期には家族訪問も多いのでその度にチョコレートを持ち寄ります。

1年間でチョコレートが最も売れるのは1.クリスマス 2.イースター(パック)の順でダントツこの二つのイベントが売上を左右します。

クリスマスにもクリスマスプレゼント並みに欠かせないのが家族で食べられる詰め合わせなどのたくさんのチョコレート!

 

お礼の品はチョコレート

これも実は、売上を左右するのが「お礼のチョコレート」。

フランスでは学期末にお世話になった学校の先生方にバカンス前に渡すのがチョコレート!12月のバカンス前に渡すのがどうやら習慣のようです。

夏のバカンス前はどうしても溶けるのが気になるので違うものにしていましたが、冬はもっぱらチョコレートも多いのではないでしょうか。

知人が幼稚園の先生なので、家に大量のチョコレートの箱が置いてあったときは驚きました。笑 「これでも同僚と山分けしたの」って言ってましたけど。

会社員が1年間お疲れ様の意味でチョコレートをもらうって言うのもあるし、新年の取引先への挨拶を兼ねてチョコレート詰め合わせを贈りたいと言う注文もあったりしました。身近にチョコレートがいつもありますね。

 


【フランスの保育園】1歳児のおやつにチョコレート?!

おやつの時間は4時

フランスのおやつの時間と言えば16時!

保育園でも16時すぎてからおやつを食べていました。18時半には夕食の我が家なので、ちょっと困っていましたが。笑

ところ変われば同じおやつの習慣でも違いがありますよね。

 

 

 

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました!

 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 

 

プライバシーポリシー