MENU

フランス人の生活リズム 長い食事や休日やること・やらないこと

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

フランス人の生活リズムは、全体的に日本に比べてゆったりしています。

パリがある首都圏でさえそんな感じです。

 

良いところもあるけど、日本人としては効率的でイラつくこともありますw

 

フランス人の休日は日本の一般的な感覚+2時間かかると考えると、ある意味計画を立てやすいかもしれません。

 

⇨ランチタイム1時間⇨3時間、ちょっと散歩1時間⇨3時間

 

義実家へランチしに行くと、半日はかかる。ちょっと散歩へ行けば永遠に歩かさせれるw

 

結構長く住んでいるので、カルチャーショックでは片付けられませんがw見習うところは見習いつつ、私は私のリズムも大切にしたいので我を出していきます。

 

 

この記事は、

・フランス在住7年目、超マイペースな夫との国際結婚生活

・本当は効率的に進めたいけど、ゆったりしたのも悪くない(どっちやねん)

Yocoが書いています。

 

 

フランス人の生活リズム

フランス人の生活リズムは日本に比べて、全体的にゆったりとしています。

パリ・パリ近郊に住んで7年ほど経過しましたが首都圏さえ、リズムがゆっくり。

 

そういうととてもよく聞こえるけれど、要は

 

・非効率的

・計画⇨実行...するとは限らない(その場のノリが大事)

・食事時間が長い

・「小旅行」ではなく「長期休暇で何もしない」

・睡眠が大事

・行けたら行く

 

など

 

計画的行動が好きな人にとってはなかなか苦痛が伴うかもしれません!w

 

「私結構ズボラなの」「無計画なタイプなの」と思っている日本人でもイラつくぐらいぶっ飛んだリズムで生きています。

 

 

休日の過ごし方

フランスにある程度長く住んでいると、感じるのが「休日の過ごし方」の違い

休日なんだから休むためというのはなんとなく分かっていても、日本人の多くの人はもはや無意識に、【結局何かを計画し、行動しがち】。

 

 

大きな理由としては休日にお店や開いているから!フランスをはじめ、ヨーロッパは年々変わりつつありますが、特に日曜日は閉まるお店もいまだにあるので

 

 

フランス人の典型的なリズムとしては、

土日は家族と食事をする、散歩するみたいなことがメインのスケジュールなので、

基本的には「何もしない」です。

 

しかもランチは14時とか午後になってから食べ始める家庭も多い。

 

それまではアペロとか人がすでに集まっているのに一向に食事が始まらない。

 

平日とのメリハリとしては確かに良いのですが、

小さい子供がいる家庭にとってはリズム崩壊で色々大変です...。

 

フランスなど、ヨーロッパは大人のリズムに子供がブンブン振り回されることが多い

大人の世界なの。

 

 

子供が生まれる前は週末にデパートなどのお店で仕事をしていたことがありましたが、混み合ってくるのは14時以降

 

土曜日のレストランはラストオーダーの14時ごろがピークに混み合っているので、12時ごろは混み合うことも少なくさっさと食べられます。

 

それまでは、街にあまり人がいない。

 

▶︎パリで気軽にお寿司を食べられるなんて幸せ

記事を読む:パリでお寿司が食べたい!

 

 

ランチを食べたら、ちょっと散歩へという時もやっと終わったランチが15時〜16時。

散歩しに行く頃には夕方w

 

先日は義母がブロカントへ行きたいと言いつつ、15時になってもコーヒー飲んだり、昼寝したり一向に誰も動き出さない。

 

いつになったら動き出すねん、と心の中で思いつつやっと出かける準備を始めたのが16時。

 

ちなみに大抵のブロカント(蚤の市)は、17~18時には閉まるので、この日は着いた頃にはもうお店の人たちが片付けを始めていました。

 

私が行くときは朝行来ます(怒)

 

こんな感じで、グダッグダ。

それでも、今度は早く来よう!とか反省することもなくて結局次の回も同じことしているしw、毎回「しょうがな〜い」という感じで、もっと効率的に動くことを意識する様子もないw、この緩い精神が必要なのかもしれません。

 

当たり前ですが、個人差があります。

 

 

 

 

フランス人の休日ランチ

義実家へ行くと、休日のランチが異常に長い。

そもそも日本のランチタイム12~13時がフランスでは13〜14時

おやつは16時。

 

平日の会社員のランチも13時〜14時が一番混み合うので、レストラン開店直後の12時台に行くと比較的空いています。

 

昔ビストロでアルバイトしていましたが、会社の重役?は13時半くらいにやって来て、15時前くらいまで長く「ランチタイム」をしていて、本当に仕事してるんか?!とよく思っていました。

 

休日になると、家族や友人たちとの食事会は平日の倍以上かけて長時間食事をしています。

 

私たちが義実家へ行くときは半日くらいかかります。

 

フランスで家族のランチをすると、アペロから始まり本番の食事が始まるのが

14時ごろから。

 

休日のランチタイム:14~16時

 

大人数でアペロ⇨食事⇨コーヒー 

家庭にもよりますが、オーブン料理を作っている間にアペロが始まり、ダラダラ喋っているとやっと食事が始まるのが14時ごろ。メインを食べるのが15時になります。

 

食事がひと段落したら、デザート、コーヒー。

 

贅沢な時間という言い方もできますが、日本人としては「さっさとしてー!!!!」

 

 

家族の食事会は半日コース

 

●11時30~12時集合⇨急いでも18時か19時帰宅

 

ランチ、お茶くらいしかしていないのに半日使います。なぜw

子供がある程度大きくなって来たのでまだマシですが、0歳の時からずっとこの感じなので、結構大変です。

 

18時には家に着いていたいと思っても、なかなか帰れません。なぜw

 

 

 

すごく納得いかないのが、

息子が0歳〜2歳くらいにどんなに子供のリズムを尊重したくてもさせない(食事時間が遅い、昼寝時間がずれるし、寝かせてもらえない)でこちらが疲弊していたことしかなかった。

しかも、食事の後も天気が良ければ公園などへ連れて行きたかったのに一日中謎に義実家に篭る休日がとても苦痛で過ごしていた。

 

昨年から義姉が実家に出戻り(色々あったらしい)してから、

 

「子供には先に食べさせないと!」「食事が終わったから子供連れて出かける」と言って、そりゃあ実の両親には言いやすいだろうね、私の時には全然優先されなかった子供のリズムを取り入れています。(夫の力不足だな(怒))

 

 

※当時、私は息子だけ先に食事させたくて、義実家に行くときはお弁当を作って食べさせたりしていた

 

⇨それを見た義母が今度は私がやりたいからと言っていたけど、結局時間を守らない、義母が忙しかったときは「今日は弁当持って来てないの?」と言ってきたり色々面倒だった...

 

 

愚痴がちょいちょい入っていますがw、とにかく大人優先の世界

子供は大人が食事の間、永遠にテレビを見て過ごさせられたりすることも多い。

 

心から楽しめる人はいいんですが、世話したり、乱れたリズムを全て請け負うのは親だけなんですよね...。

 

▶︎不満が尽きなかったので、私も好きなようにやらせてもらってます

記事を読む:ストレス激減!!【国際結婚】義実家との付き合い方 会う頻度・ルールを決めた

 

 

フランス人が休日にやること・やらないこと

主に休日はゆっくり過ごす、とか家族と食事することが多いのです。

日本では全てのお店が休日に開いているし、むしろ休日こそ色々アクティブに活動する人も多いと思います。

 

フランスはあくまでゆっくり過ごしたり、週末は掃除や散歩など、かなりシンプルです。

もちろんイベントや美術館・ブロカントなど行くことはできますが、基本的にはあんまりやることがないんですわ。

 

・太陽とともに行動

パリ・パリ近郊エリアのあるあるでいうと、【太陽が出てくるとみんな外に出てくる】ということがあります。

 

パリは曇っている日がとにかく多いのでカラッと晴れるとともに、人がどんどん外に出てきます。

 

太陽を浴びることでビタミンD摂取するなんて、日本では考えたこともなかったのですが、心と体の健康のためにも本当に必要です...!!!

 

▶︎日陰、長袖を求めていた純ジャパの私も今や太陽に当たりたがる!

記事を読む:フランス人と太陽

 

夏は日照時間が長いので、子供も夜遅くまで外に居がち。

夜は22時ごろまで明るい。

 

・ちょっと散歩が2時間以上

休日にちょっと散歩しようか、と誘われたら少なくとも3時間くらいは拘束されると考えた方がいいです。

 

「ちょっと散歩しよう」と言ってからも一向に動き出さないし、森などへ行き来する移動時間、そして散歩すると軽く2時間くらいは歩かされますw

 

ヨーロッパ人の体力どうなってんねん!!!

ランチでしっかりお酒も飲んでから運転するし(ある程度までは合法)w、2時間喋り続けながら散歩するし。

私がヘトヘトなのに義両親全然疲れてないw

 

「ちょっと」散歩って感じじゃないんですよ。ハイキング?っていうくらいの道のりと時間を散歩と呼ぶので注意。

 

 

・出来るだけ寝る

うちではそうでもないんですが、環境が許せば、フランス人はめちゃくちゃ眠ります。

いや、日本人が寝てなさすぎるのか...?

週末はゆっくりできる人も多いので10時,11時まで寝ています。

ランチはどうせ14時くらいなんだから余裕ですよね。

 

パリだと最近、ブランチが流行っていて、週末だけブランチをやっているカフェやレストランが多いので生活リズムにフィットしているんでしょうね。

ブランチはビュッフェ形式が多く、最低40ユーロ/人くらいかかるので結構高いですw

 

 

・週末旅行しない

土日だけでサクッと「週末旅行」をあまりしません。

フランスにはバカンスが多いというのもありますが、週末の遠出だとバタバタするからというのもあるし、交通費をかけて割高になってしまうこともあるからあまりやらないです。

 

基本は1~2週間単位で出かけて、出かけた先で【何もしない休日】を過ごしたい人も多いです。

これはこれで確かに焦ることなく休暇を過ごせて心地よいです。

確かに週末だけで出かけると、「疲れに行っただけ」ということもなきにしもあらず。

 

日本の場合は、計画を綿密に立てて効率的に行動するからできるし、国内であれば、交通機関の乱れなども基本的には想定しないでストレスなく旅行ができます。

 

一方、1~2週間単位の滞在はゆっくりできるぶん、

 

・滞在先での家事が必須(食事、洗濯など)

・「何もしない」ことが苦痛な人には辛い など

 

せっかく旅行に来たのに?!やらないといけないケースがありますね。

 

個人的には慣れもあってか、滞在先での自炊は嫌いじゃないんですよね。

 

キッチンが使いやすいと滞在先での料理も楽しいし、滞在先のマルシェに行くのが楽しみの一つではあるので、自炊も嫌ではないんです。

というか、自炊しないと、色々無理なの。

 

▶︎フランスで「フランスの食事」を毎日食べるのは結構しんどい。

記事を読む:フランスでは自炊するしかない!

 

 

・子供が公園へ行く時間は16時〜

私はなかなかリズムが合わせられないんですが、休日にママ友から誘われると大抵16時半〜17時ごろから公園行かない?と言われる。

 

うちは一人っ子だからというのもあるかもしれませんが、ランチは基本12時~13時には食べ終わっているので、16時まで子供と家にいるわけにも行かずできればさっさと出かけたいんです。

しかし、一般的に休日のランチは14時位、小さな子はその後お昼寝タイムが始まるので、17時から遊ぼうと言われても帰りたい時間くらいなんですよねぇ。

 

翌日学校があると、遅くなるのも嫌だし18時半に夕食を食べているのでなかなかリズムが合いませんw

 

そういえば、フランスのお隣のスペインへ行った義両親が19~20時から子供が公園に集まり出してびっくりした、と言っていたので場所が変わればもっと遅くなるのかな。

 

いづれにしても、いろんなことが日本の一般的な感覚+2時間くらいかかると思ってOkです。

自分のリズムも大切にしたいので、無理なら無理と言えばいい。

 

逞しくなりますね...!

 

▶︎私は結構日帰りでサクッと行き来できるお出かけも好きなんですけどね

 

 

www.parisimpleco.life

 

 

 

本日も読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー