【フランスの学校制度】学年早見表と学位

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

フランスの学校の学年がややこしいので、早見表を作りました。

 

 

フランスと日本の学校・学年の違いは色々ありますよね。

新学期は9月だし。

 

 

⇨フランスの子供たちに「今何年生?」と聞いてみたものの、

答えてくれても結局何年生・何歳かわからんw

 

⇨CEって何の略やねん!

 

 

フランスに何年か住んでいても、なじみがないと全然わかりません。  

 

フランスと日本との違いやフランスの教育制度をまとめてみたので、

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

この記事は、

 

・フランス在住8年目 6歳児(年長)の母

・学校制度を色々勉強中

 

Yocoが書いています。

 

 

 

【フランスの学年】早見表作りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧表の年齢は目安です。

学年の「表し方(言い方)」は結構複雑です。

 

 

 

*学年はアルファベットで略して言われる

小学1年生のことはCP(セーペー) など

 

 

*小学校の学年覚え方

小1は「準備期間」小2/小3は「初等教育」1/2、小4/5は「中等教育」1/2

と言う意味。

 

 

*中学生は学年で言う

学年が上がると数字が下がる

 

 

フランスの学校の特徴

フランスの学校は3歳〜義務教育が始まります。

 

・学年は1/1~12/31生まれで区切られる

・9月から入園, 入学(9~12月生まれは3歳未満で入園することになります)

・小学校は5年間

・中学校は4年間

・小学校から留年あり

 

 

▶︎記事を読む:【フランスの幼稚園】3歳から義務教育がスタート

 

 

小学校は5年間

小学校はÉcole Élémentaire

5年間: CP/CE1/CE2/CM1/CM2

 

中学校は4年間

中学校はCollège

 

4年間:6ème/5ème/4ème/3ème

 

6èmeは日本の小学6年生にあたります。

 

高校は3年

 

高校はLycée

3年間: 2nde/1ère/Tle

 

▶︎フランスの小学生の通学バッグ、カターブル!

www.parisimpleco.life

 

 

 

 

 

留年制度について

フランスの教育制度では、留年制度(redoublement)があります。

 

⇨次の学年に進む前に必要な学力や能力を確実に身につけるための措置。

学習の遅れを取り戻し、将来の学習において困難を回避することが目的

 

小学校から留年はあります。

 

 

 

 

 

▶︎【日本とは違う】子供が保護者なしで出かけることはできない!

www.parisimpleco.life

 


よくわからないBAC制度、大学進学、グランゼコール

 

BAC(バカロレア、Baccalauréat)は、大学入学資格試験のこと

高等教育への道を開く重要な試験。

 

 

・BACは、フランスの高校(Lycée)の最終学年であるTerminaleの終わりに受ける試験。

 

合格することで大学や高等教育機関への入学資格を得ることができます。

 

・BACの合否は、大学入学だけでなく、職業教育や専門学校への進学にも影響を与えます。

 

BAC実施期間

日本で言うセンター試験のように、BACの時期には「もうそんな時期か〜」と話題になります。

 

BAC試験...6月

合否発表...7月初旬

 

⇨大学、高等教育機関への出願が可能になる

 

学歴を表す BAC+ 

 

フランスの教育制度では、「BAC +」という表現が一般的に使われ、これはバカロレア(BAC)取得後の高等教育期間を指します。

 

 

「BAC +」の後に続く数字は、バカロレアを取得してからの学習年数を表します。

 

 

BAC + の意味

最終学歴を書く時によく見る「BAC+○」と言うやつ。

 

フランスで履歴書を書く場合にもフランス式の書き方として知っておく必要がありますよね。

 

 

 

BAC+はバカロレア(BAC)取得後の高等教育期間を指します。

 

「BAC +」の後に続く数字は、バカロレアを取得してからの学習年数を表します。

 

 

BAC +1: バカロレア取得後1年目の教育(例:大学1年生)

BAC +2: バカロレア取得後2年目の教育(例:短期大学卒業、技術系短期大学のDUTやBTS)。

BAC +3: バカロレア取得後3年目の教育(例:学士号取得、Licence)

BAC +4: バカロレア取得後4年目の教育(例:学士号取得後1年目の大学院教育))

BAC +5: バカロレア取得後5年目の教育(例:修士号取得、Master)

BAC +6~: バカロレア取得後の6年目以降の教育(例:博士号課程)

 

 

【学年の目安】

 

学士課程(Licence)が3年

修士課程(Master)が2年

博士課程(Doctorat)が3年〜4年

 

高等教育は他にも色々な種類がありますが、ここでは省略します。

 

 

 

 

 

 

 

www.parisimpleco.life

 

グランゼコール Grandes Écoles

 

フランスの高等教育システムには「グランゼコール(Grandes Écoles)」という教育機関があります。

 

名前はよく聞くけど、あまりよく分かっていないですよね。

 

 

グランゼコールは一般的な大学とは異なるエリート校で高度な専門教育を提供しています。

 

特徴

 

選抜入試

 グランゼコールに入学するには、

 

通常2年間の準備過程(Classe Préparatoire aux Grandes Écoles, CPGE)を経た後、競争の激しい入学試験をパスする必要があります。

 

プレパと言われるやつですね。

 

 

 

 

 

専門教育

 

学術研究だけでなく、実践的な専門教育に重点を置いています。

 

 

多くのグランゼコールは、工学、ビジネス、行政、教育など特定の分野に特化しています。

 

 

 

少人数制

一般的な大学に比べ、少人数のクラスで密度の高い教育を提供します。

 

学位

 

グランゼコールでは学士号(Licence)ではなく、

「Diplôme d'ingénieur」や「Master」相当の学位が授与されます。

=「BAC +5」に相当

 

 

フランスでの学年や学歴の表記が少しでも分かりやすくなれば幸いです。

 

 

 

www.parisimpleco.life

 

▶︎保育園児から高校生まで子供たちはキックボードで学校へ行く!

www.parisimpleco.life

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

インスタグラム

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー