【パリ猛暑日対策】エアコンないフランスの夏の過ごし方

当ブログではプロモーション広告を利用しています

みなさん、こんにちは。フランス在住のYoco(@yoco_paris)です。

 

今日は夏のお出かけグッズ・暑い日の過ごし方についてお話ししたいと思います。

 

フランスの夏は...

 

・基本エアコンなし!

・ちゃんとした保冷剤とかほぼ売ってない

・涼しい場所を特定しないと見つからない

・22時まで太陽が出てる

 

パリは夏の太陽が貴重なので、夏はいい季節ではあるんですが、

 

30度を超えると結構日常生活に支障が出てきます。

 

 

フランス移住して以降、色々試行錯誤した

過酷なw夏の乗り越え方を紹介したいと思います。

 

 

 

【パリ猛暑日対策】エアコンないフランスの夏の過ごし方

 

パリの夏はたまに驚くほど暑くて、身の危険を感じる時もあります。

 

太陽が出ている時間帯が長いのもありますが、日差しが肌を刺すように痛い!

 

 

帽子などがないと頭痛がしてしまうほど強力です。

 

日本に比べれば暑さが落ち着いている方かもしれませんが、

どんなに暑い日でもエアコンがないのは辛いw

 

 

個人的には、息子が1~2歳の頃、日当たり抜群の!南東向きの部屋に住んでいたのもあって、

 

猛暑日が続くと、何日間も寝られないことがあった!

 

当時は特に息子が小さかっただけに熱中症などにならないか心配だったし、

家にいるとただただ暑いので、

 

パリのデパートの中でベビーカーでぐるぐる周回して昼寝させたこともありました。

 

涼しいし静かで快適なんですが、やはりデメリットは帰る時も暑すぎること...。

 

猛暑日は数日間だけ

*パリでは6~8月の夏のシーズンで35度以上を超える日が夏の間ずっと続くわけではなくて、基本的には合計10~14日前後です。

 

その他の日は25~28度前後で暑いけど気持ちのいい暑さでもあります。

かと思えば、8月後半に20度前後になり冷夏もある。

 

もちろん年によって変わりますし、42度を記録した1日もありました。

振り幅がすごいね。

 

 

耐えられないほど毎日暑い !!!わけではないのですが、

それでも体調を崩してしまうかもしれませんので出来るだけ対策して過ごしましょう。

 

 

夏日の基本の過ごし方

最初は違和感しかなかったのですが、

暑い日は暗闇でおとなしく過ごすしかありませんw

 

 

 

・朝の涼しいうちに窓を開けて涼しい空気を入れる⇨窓と雨戸を閉める

・暑さ対策と体力の消耗を防ぐために「あまり動かない」

・サラダが主食

・家では最大限薄着、子供は裸w

・蚊に刺される覚悟で窓を開けて眠る

 

地味w

 

 

 

日本の感覚だと、陽が昇ればじりじり暑いし窓から冷気を入れるとは!?と思っちゃいますよね。

 

しかも、うちはアパルトマン(南向き)だからか冷気入れたところでそこそこ暑い...

 

 

あまりに危険な暑さの時は、出かけるのも大変なので自宅は雨戸も閉まっているし、映画を観るしかないw

 

 

【石造りの家の特徴】

 

建物が石造りなので、猛暑日や湿気の多い日以外は実は室内がさほど暑くないです。

 

家の中がひんやりしているので、エアコンなしでも一応生活できます。

 

 

⇨外の暑さとのギャップがあって、体が慣れるまで心地よくなかった。(冷え性だからかな)

 

 

 

だた、30度を超えてくると石造りの建物でもさすがに暑いし、家の日当たりによってはやっぱり暑い。

 

 

天気予報で30度、35度を超えると、ニュースでもかなり警告されます。

 

フランスのエアコン普及率は5%くらいというほどなので、あまりに暑いと危険ですよね。

canicule=猛暑日

 

それゆえ、暑さでやられてしまわないように原始的な生活をすることが必須です。w

 

子供の寝つきが悪くなる

夏の時期は陽が沈むのが21~22時なので、就寝時間になっても明るすぎるし、つい遅れるし、暑さと昼間に使いきれなかった体力が有り余ってなかなか寝られなくなります。

 

 

暑くて寝られないのは大人も同じですね。

 

 

 

子供を学童へ入れたある日が38度近くある猛暑日だったため、そもそも行かせるか迷いました。

当然、学校施設にもエアコンはないし。

 

都合がつかなかったので、

息子を連れて行ったら学童の先生からは「出来るだけ動かないアクティビティと水分補給をしっかりさせます」と言われました。

 

そうするしかないのよねぇ...。

 

程よい暑さの日には、プールや水てっぽう遊びなどをやってくれる時もあります。

 

 

 

17時ごろ日差しのピーク

日没が21~22時ごろなので、暑すぎなければ外でも快適に過ごせて最高なんですが、太陽がずっといるので疲れますw

 

特に17時くらいが(日本で言う14時台並み)ピークを迎えてるところなので、

 

「昼」がものすごく長くて疲れやすくなります。

 

 

 

主食がサラダ

夏日が続くと、夏バテのような感じで食欲も無くなりますよね。

 

冷たくて美味しいお豆腐などがあったら最高だな〜と思いながら、暑い日はサラダを食べます。

いやサラダしか、食べませんw

 

火を使うのは室温が上がるのでw最小限にします。

 

▶︎ちょっとずつバリエーションを変えつつも、暑い日はサラダのみを食べる!

www.parisimpleco.life

 

 

 

 

 

夏日に必要なグッズ・役立つもの

夏日対策はここ数年で色々と揃えました。

 

サングラス(子供も)や帽子はもちろんですが、お出かけ時には水スプレーをシャーっとかけて物理的に濡らしたり、

 

夜眠る時は、保冷剤や凍ったペットボトルを抱えて眠るなどかなりワイルドなw方法で暑さ対策をしています。

 

フランスの夏にあると快適に過ごせるものをリストアップしてみました。

 

【日本で買ったもの】

日本さすが!暑さ対策グッズを色々持ってきて使っています。

 

・ニトリのひんやりパッド(シーツの上に敷くもの)

・せんす

・ネッククーラー

・ありったけの保冷剤(買ってはないけど、実家から拝借w)

 

 

ニトリのNクール寝具 (ひんやりする敷パッド)

夫婦用、子供用に持っています。

ものすごーく冷えるわけではないですが、冷たさを感じられるので気持ちいい!

あるとやっぱり快適です。

 

Nクールというシリーズで段階が異なる3つの種類があります。

 

暑さ対策で購入したので、Nクールスーパーというものを夫婦の寝室用で使っています。

 

 

子供部屋は白くまちゃんがついたもの。熱を出した時にも使いますw

 

使い続ける(洗濯する)と効果が薄れていくということですが、

 

3シーズン目でまだ使っていますw効果も持続中。

暑い時期も短いので使用期間が短いからかもしれません。

 

日本から持ってきた時は嵩張ったけどw、あると便利!

 
Nクールには複数の商品があります。
 

ネッククーラー

 

昨年の夏に日本へ帰国したら、

 

幼稚園〜小学生くらいの子供たちが全員つけているんじゃないかと言うくらい着用率が高くて「あれはなんだ?!」と気になっていました。(浦島太郎w)

 

日本の夏は暑すぎて、速攻でフニャフニャになってしまいましたが、

パリに戻ってから気温が30度前後の日に使う分には結構長く持ち、ピクニックなどで活躍しました◎

 

⇨使わない時は保冷バッグに戻しておいたら、少し復活する!

 

 

フランスでは保冷剤を一応買うことができたり、パティスリーでたまにもらえますが、日本のものより溶けやすくて ?あまり役に立ちません。

 

日本に行ったときにいつも持って帰ってきますw

 

【置き型エアコン】

実は我が家にはエアコンがあります。

 

 

エアコンと言っても日本のようなものではなく、

置き型(可動もできる)で、太いチューブを窓の外へ出して換気しながら使います。

サイズはコンパクトなので場所はさほど取りません。

↑こんな感じのもの。窓を覆うカバーが付いていたり、別売りで取り付けることができます

 

 

 

暑いのに窓を開けないといけないのですが、あるのとないのとではある方が断然良い!

 

 

広範囲用ではないのですが、リビングの一部屋分は十分涼しくなります。

 

 

 

デメリット

・窓を開けて使用しないといけない...直径15cmくらいの太いチューブを窓の外に出す必要がある。

 

・音がうるさい...製品によるかもしれませんが、稼働中の音は結構大きいのでやや気になります。ゴーゴー言ってます。

 

▶︎フランスAmazonで商品を見る

 

冷風器を以前使っていたこともありましたが、湿気が多い日は余計に暑さ倍増させてしまっていて辛かった。そして、エアコンを買うことにしました。

 

 

自家製ノンアルモヒート

暑い日が続くと、炭酸水が美味しいですね。

お砂糖などが入っていない炭酸水はフランスには安くて種類も豊富なので色々試すのも面白いです!

 

暑い時はノンアルコールのモヒートが私のお気に入りです。

息子もシュワシュワを面白がって飲んでいます。

 

夏になるとスーパーやマルシェでフレッシュミントが手に入りやすいので、

是非作ってみてください。

 

【レシピ】

 

・炭酸水

・ミントの葉

・ライム(レモン)

・塩(fleur de sel)

・(お好みできび砂糖)

 

もちろんお酒を入れても美味しいですがwこれなら子供やお酒が苦手な人も飲める◎

 

▶︎フランスにも「軟水」はある

www.parisimpleco.life

 

 

 

 

気温42度!ホテルへ避難した話

以前のアパルトマンが南東向きで最上階のため、日当たりがいいのは良いけど、猛暑日はとにかく暑かった…

 

暑さを回避するために、パリ郊外のホテルに避難したことがありますw

あまりに快適だったので味を占めて、これまでに合計2回!

 

当時1歳半くらいの息子も私達も眠れない日が続いていたからホテルで取り戻すようによく眠りましたw

 

 

パリで42度の超猛暑日が来ると警戒されていた日があり、

え、35度でもこんなに暑いのに?!死ぬかも!と思い、ホテルへ避難しました。

 

 

日頃、扇風機や保冷剤、凍らせたペットボトルなどいろ色々駆使しても35度くらいの気温では暑すぎて寝られない!

 

子供がまだ小さくて、熱中症のリスクも怖かった。

 

暑さのためにホテルで寝るなんて!

 

とその後、周りの人達にはびっくりされましたが、後悔なんてしてません!

 

日本の家庭からすれば、考えられない領域だと思いますが、

ホテルに着いてからフロントの人と話していたら、

 

同じく「暑さ対策での宿泊」というお客さんが結構来ていると言っていて、

赤ちゃん連れも多く見かけました。

 

早めにチェックインしてホテルの部屋で過ごし、連日の寝不足を解消するようにぐっすり眠ったのでした。

 

普段、旅行でホテルに泊まるときは寝る以外はあまり部屋でゆっくりすることもないし、部屋でゆっくり過ごす時間は贅沢なひとときでした。

 

 

無理せず、大人しく過ごしましょう

パリは地下街もなければ、コンビニもないので涼しい場所にさっと入れませんw

 

図書館なら涼しいはず!と思ったら全然涼しくなくてガッカリしたこともありました。

 

電車も同じく、涼しい時もあるけど、乗車率が高いと暑かったりするので期待はできません。

 

私は日本の夏から8年くらい離れているので、体が対応できなくなってきたように、

 

フランスの夏にまだ体が対応しきれていない場合は、エアコンもなく体調を崩しやすくなるので無理せずに過ごすようにしましょうね。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

インスタグラム

当ブログでは、プロモーション広告を利用しています

プライバシーポリシー